[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

19歳川崎春花、V直後の行動 マイクを避けてペコペコ「今後ともお願いいたします」

女子ゴルフの国内ツアー・NOBUTA GROUPマスターズGCレディースは23日、兵庫・マスターズGC(6585ヤード、パー72)で最終日が行われ、首位で出た19歳新人・川崎春花(フリー)が5バーディー、2ボギーの69で回って通算15アンダーでツアー通算2勝目を挙げた。ホールアウト直後には、ギャラリー席や関係者もいるコース方向へ一礼。日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)が動画を公開した。

NOBUTA GROUPマスターズGCレディース、通算15アンダーでツアー通算2勝目を挙げた川崎春花【写真:Getty Images】
NOBUTA GROUPマスターズGCレディース、通算15アンダーでツアー通算2勝目を挙げた川崎春花【写真:Getty Images】

NOBUTA GROUPマスターズGCレディース最終日

 女子ゴルフの国内ツアー・NOBUTA GROUPマスターズGCレディースは23日、兵庫・マスターズGC(6585ヤード、パー72)で最終日が行われ、首位で出た19歳新人・川崎春花(フリー)が5バーディー、2ボギーの69で回って通算15アンダーでツアー通算2勝目を挙げた。ホールアウト直後には、ギャラリー席や関係者もいるコース方向へ一礼。日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)が動画を公開した。

 笑顔溢れる優勝だった。ウィニングパットを決めた川崎は、優勝を争った河本結らとハグ。キャディーたちとも順番に健闘を称え合った直後だった。18番グリーンから出る際、くるりと振り返って一礼。スコア提出に向かった。

 JLPGA公式ツイッターはウィニングパットから18番を後にするまでの動画を公開。ファンからは「本当に凄い勢い」「嬉しいなあ」「みんな素晴らしい!」「ほんまに強いわ」「素晴らしいです」と新ヒロインに魅了された様子の声が上がった。

 9月の国内メジャー・日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯は大会最年少19歳133日で優勝。6週ぶりに早くもツアー通算2勝目を手にした。激闘直後の優勝インタビューでも、川崎は目の前に立つマイクを避けながらギャラリーに一礼。「ありがとうございます」と言うたびに、お辞儀を繰り返した。

 1勝目は地元の京都、2勝目も同じ関西の兵庫。「身近な方がたくさん応援に来てくださったり、ずっとついてくださるギャラリーの方々のおかげで最後まで頑張れたと思います。本当に今日はありがとうございました」とペコペコ。「また優勝できるように頑張っていきますので、今後ともよろしくお願いいたします」と最後もマイクを避けて頭を下げた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集