[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「ディープインパクトだ」 英G1完勝した最後の産駒に海外魅了「また凄いの出てきた」

最後のディープ産駒が海外ファンを沸かせた。22日に英中部サウスヨークシャー州のドンカスター競馬場で争われた海外競馬の英2歳G1フューチュリティトロフィー(芝直線1600メートル)。1番人気だったアイルランド調教のディープインパクト産駒オーギュストロダン(牡2、A・オブライエン)が8頭立てのレースで完勝した。英専門メディアが動画を公開すると、海外ファンから「また凄い馬が出てきた」とコメントが集まった。

英2歳G1を制したオーギュストロダン【写真:Getty Images】
英2歳G1を制したオーギュストロダン【写真:Getty Images】

オーギュストロダンが英2歳G1フューチュリティトロフィーで完勝

 最後のディープ産駒が海外ファンを沸かせた。22日に英中部サウスヨークシャー州のドンカスター競馬場で争われた海外競馬の英2歳G1フューチュリティトロフィー(芝直線1600メートル)。1番人気だったアイルランド調教のディープインパクト産駒オーギュストロダン(牡2、A・オブライエン)が8頭立てのレースで完勝した。英専門メディアが動画を公開すると、海外ファンから「また凄い馬が出てきた」とコメントが集まった。

 受け継がれた実力を示した。ライアン・ムーア騎手騎乗のオーギュストロダン。レース後半から伸びのある脚を見せ、3馬身半差で豪快に差し切った。不良馬場をものともせず、勝ち時計は1分44秒76。悠々と駆け抜けた。

 動画を公開した英専門メディア「アット・ザ・レーシーズ」公式ツイッターは、文面に「オーギュストロダンは良い。ディープインパクトの息子だ。ライアン・ムーアとエイダン・オブライエンのためにトロフィーを獲得」と記して投稿。海外ファンから「馬場の状態は関係ないようだ」「また凄い馬が出てきた」「まるでモンスター」「ディープインパクトだ」「モンスター級のパフォーマンス」「鋼の王様」とコメントが相次いだ。

 19年に天国へと旅立ったディープインパクト。オーギュストロダン含め20年に生まれた現在の2歳世代がラストクロップとなっている。産駒の走りもファンを魅了した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集