[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 桐生祥秀、200mは20秒69で4位、2年ぶりに飯塚翔太が優勝 …陸上日本選手権

桐生祥秀、200mは20秒69で4位、2年ぶりに飯塚翔太が優勝 …陸上日本選手権

陸上のアジア大会代表最終選考会兼日本選手権(山口・維新みらいふスタジアム)は24日、男子200メートル決勝が行われ、桐生祥秀(日本生命)は20秒69で4位となった。

男子200メートル決勝は4位となった桐生祥秀(中央)【写真:奥井隆史】
男子200メートル決勝は4位となった桐生祥秀(中央)【写真:奥井隆史】

200メートル挑戦の桐生は4位、20秒34の飯塚が2年ぶり優勝

 陸上のアジア大会代表最終選考会兼日本選手権(山口・維新みらいふスタジアム)は24日、男子200メートル決勝が行われ、桐生祥秀(日本生命)は20秒69で4位。桐生は前日(23日)に行われた100メートル決勝は10秒16の3位で8月のアジア大会(ジャカルタ)の代表からは落選が濃厚となっていたが、200メートルでも代表入りは厳しくなった。飯塚翔太(ミズノ)が20秒34で2年ぶり優勝。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 小池祐貴(ANA)が2位、山下潤(筑波大)が3位。藤光謙司(ゼンリン)は23秒65と大きく遅れ8位に終わった。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー