[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • メキシコの20歳DFが公開、“母との1枚”に海外ファン感動 「なんて素敵な写真」

メキシコの20歳DFが公開、“母との1枚”に海外ファン感動 「なんて素敵な写真」

ワールドカップ(W杯)ロシア大会は23日、F組のメキシコは2-1で韓国に勝利。初戦のドイツに続く連勝で、決勝トーナメント進出に大きく前進した。メキシコ代表のDFエドソン・アルバレスは右サイドバックとしてフル出場し勝利に貢献した。試合後にツイッターを更新。「母さん、やったよ」とつづり、スタンドにいた母親との抱擁シーンを公開。ファンの感動を誘っている。

メキシコ代表DFのエドソン・アルバレス【写真:Getty Images】
メキシコ代表DFのエドソン・アルバレス【写真:Getty Images】

チーム最年少のアルバレスが、試合後にSNSに掲載した写真が話題に

 ワールドカップ(W杯)ロシア大会は23日、F組のメキシコは2-1で韓国に勝利。初戦のドイツに続く連勝で、決勝トーナメント進出に大きく前進した。メキシコ代表のDFエドソン・アルバレスは右サイドバックとしてフル出場し勝利に貢献した。試合後にツイッターを更新。「母さん、やったよ」とつづり、スタンドにいた母親との抱擁シーンを公開。ファンの感動を誘っている。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 チーム最年少20歳のアルバレスが、試合後、誰より勝利を報告したいのは母親だったようだ。勝利後、真っ先にスタンドにいた母親のもとに駆け寄り、柵越しに抱擁を交わした。誇らしい息子の頭を抱きかかえるようにして労う母。アルバレスの顔は見えないが、おそらくは笑顔。もしかすると感極まり涙を浮かべているかもしれない。

 この母親との“美しい抱擁”シーンを、試合後に更新したツイッターに掲載。「母さん、やったよ」とつづり感動の1枚を公開すると、大反響を呼んだ。すでに5万回以上リツイートされており、ファンの感動を呼んでいる。

「素晴らしい」
「偉大だ」
「家族は最も重要なものだ」
「あなたは優秀だ」
「素晴らしい出来事」
「なんて素敵な写真だ」
「誇り高いアルバレス」
「感動的だ」

 ツイッターの返信欄には、500件を超えるコメントが殺到している。この抱擁シーンは母国メディアのみならず、スペインでも取り上げられるなど、大きな話題を呼んでいる。今大会の台風の目になりそうなメキシコ。そんなチームで躍動する20歳への注目はますます高まりそうだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー