[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「みゆう」台頭は世界卓球だけじゃない 女子ゴルフ佐藤心結「親近感がちょっとある」

女子ゴルフの国内ツアー・スタンレーレディスホンダが7日、静岡・東名CC(6570ヤード、パー72)で開幕する。前日6日には19歳ルーキーの佐藤心結(ニトリ)が取材対応。高3で出場した前年大会では、プレーオフに進出。渋野日向子(サントリー)に敗れたことを振り返り、「リベンジしたい気持ちが強い」と優勝を見据えた。開催中の世界卓球団体戦で日本代表の20歳・長崎美柚(ながさき・みゆう)と18歳・木原美悠(きはら・みゆう)の「Wみゆう」が活躍していることに言及。佐藤は「みゆ」だが、同世代に多い名前の選手が活躍していることを「親近感がちょっとあります」と喜んだ。

佐藤心結【写真:Getty Images】
佐藤心結【写真:Getty Images】

7日からスタンレーレディスホンダ

 女子ゴルフの国内ツアー・スタンレーレディスホンダが7日、静岡・東名CC(6570ヤード、パー72)で開幕する。前日6日には19歳ルーキーの佐藤心結(ニトリ)が取材対応。高3で出場した前年大会では、プレーオフに進出。渋野日向子(サントリー)に敗れたことを振り返り、「リベンジしたい気持ちが強い」と優勝を見据えた。開催中の世界卓球団体戦で日本代表の20歳・長崎美柚(ながさき・みゆう)と18歳・木原美悠(きはら・みゆう)の「Wみゆう」が活躍していることに言及。佐藤は「みゆ」だが、同世代に多い名前の選手が活躍していることを「親近感がちょっとあります」と喜んだ。

 女子ゴルフ界の「みゆ」は、卓球界の「Wみゆう」が活躍していることを喜んだ。1文字違いだが、同世代に「みゆ」「みゆう」が多いと感じているそうで、「一緒になってスポーツ界を盛り上げられるように頑張りたいですし、親近感もちょっとあります」と笑顔を見せた。

「みゆう」の台頭は、女子ゴルフ界も同じで、21歳の山下美夢有は今季3勝でメルセデス・ランキング(MR)1位。9月の国内メジャー・日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯では、山下を含め、ともに22歳の阿部未悠と後藤未有、19歳佐藤も加えた4人が「みゆ/みゆう」で一時トップ10を占める展開になった。そして、読みを混同した同組の選手からは「『みゆ』と『みゆう』、どっち?」との声も上がり、話題になった。

 そんな「みゆ/みゆう」のブームとは別に、佐藤は今大会には強い思いがある。前年大会、アマチュアでは横峯さくら以来2人目のプレーオフ進出を果たしながら、優勝を逃した経緯があるからだ。渋野、ペ・ソンウ、木村彩子との戦い。2ホール目の第2打で佐藤は「完璧なショット」を放ちながら、ボールがピンに直撃して10メートル戻る不運を味わった。

 結果、バーディーを奪った渋野が優勝。2位に終わった佐藤は、目前にあった「優勝でプロテスト免除」の権利を逃して涙した。あれから1年。佐藤が心境を明かした。

「練習ラウンドをして、いろいろと思い出しました。特に18番のグリーン右奥に切られていたピン位置は覚えていました。懐かしいですし、プロとして戻って来られたことがうれしいです。そして、リベンジしたい思いが強くなりました」

 昨年11月の最終プロテストに合格した佐藤は、MR30位と同期ではトップだが、ツアー初優勝はライバルの川崎春花、尾関彩美悠に先んじられた。佐藤は2人の優勝を祝福しつつ、「2人に追い付けるように今季中に優勝したい思いが強いです」とも言った。リベンジを果たし、念願のツアー初V。その思いを胸に佐藤は、7日午前10時、前年大会でプレーオフを戦ったペ・ソンウ、木村と同組でスタートする。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集