[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ジャッジ、3冠王逃すも「MVP最有力だ」と米老舗誌断言 大谷翔平との一騎打ちの結末は…

米大リーグ・ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手は5日(日本時間6日)、今季最終戦となった敵地レンジャーズ戦を欠場。62本塁打、131打点で打撃2冠を確定させた。10年ぶりの3冠王はならなかったものの、米老舗専門誌は「リーグMVP最有力候補だ」と評した。

今季最終戦を欠場したジャッジ【写真:ロイター】
今季最終戦を欠場したジャッジ【写真:ロイター】

62本塁打、131打点でリーグ2冠を獲得「打撃部門ほとんどでリード」

 米大リーグ・ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手は5日(日本時間6日)、今季最終戦となった敵地レンジャーズ戦を欠場。62本塁打、131打点で打撃2冠を確定させた。10年ぶりの3冠王はならなかったものの、米老舗専門誌は「リーグMVP最有力候補だ」と評した。

 最終戦を欠場し、シーズンを終えることになったジャッジ。打率.311はリーグ2位で、首位打者のタイトルは.316だったツインズのルイス・アラエスに譲り、2冠となった。それでも、今季はリーグ記録を61年ぶりに塗り替える62本塁打を放ち、メジャーの話題を席巻。歴史的な1年となった。

 米誌「スポーツ・イラストレイテッド」はジャッジについて「(打率以外の)他の打撃部門のほとんどで、リードしている。3冠王を逃してもそれほどがっかりはしないだろう。6フィート7の外野手はア・リーグMVP最有力候補だ」と評した。

 リーグのMVP争いは15勝&34本塁打を記録したエンゼルス・大谷翔平投手との一騎打ちとみられ、その結末に注目される。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集