[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平はブ軍エース+主砲を1人で体現 米メディアが希少性を表現「MVP以上の価値」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は今季、1918年のベーブ・ルース以来となる年間2ケタ勝利&2ケタ本塁打を達成。ここまでMLB自己最多の14勝、リーグ4位の34本塁打を記録している。60本塁打を放っているアーロン・ジャッジ外野手(ヤンキース)とのMVP争いが米国でも注目される中、米スポーツ専門局「FOXスポーツ」は今季の大谷がブレーブスのエースと中心打者を合わせた存在であると指摘している。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

FOXスポーツが大谷の投打の成績に注目

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は今季、1918年のベーブ・ルース以来となる年間2ケタ勝利&2ケタ本塁打を達成。ここまでMLB自己最多の14勝、リーグ4位の34本塁打を記録している。60本塁打を放っているアーロン・ジャッジ外野手(ヤンキース)とのMVP争いが米国でも注目される中、米スポーツ専門局「FOXスポーツ」は今季の大谷がブレーブスのエースと中心打者を合わせた存在であると指摘している。

「FOXスポーツ」は、大谷のマニアとして知られるベン・バーランダー氏の署名記事を公開。「アーロン・ジャッジはMVPに値する。それでもショウヘイ・オオタニはそれ以上の価値を持つ」と見出しが付けられている。

 エンゼルスは借金19でア・リーグ西地区3位。一方、ヤンキースは同東地区1位で、大谷とジャッジのMVP争いはチーム成績からジャッジ優位であるとの意見もある。しかし、記事では「マイク・トラウトは3度MVPを獲得しているが、プレーオフには1度しか行っていない」「過去6年間で12人の選手がMVPを受賞したが、5人はプレーオフに進出していない」などと、プレーオフ進出とMVP争いはさほど関係がないと主張している。

 さらには「もしヤンキースとエンゼルスがジャッジとオオタニをトレードしても、エンゼルスは強いチームにはなれないだろう」と指摘。そのうえで今季の大谷が、ブレーブスのエースであるマックス・フリードと、主砲のオースティン・ライリーを足し合わせたような成績を残していることを紹介している。

 大谷は今季153回を投げて14勝8敗、防御率2.47に奪三振203。一方フリードは大谷よりイニング数が多い180回だが、13勝7敗で防御率2.50、奪三振167となっている。打者で比較されたライリーは打率.278、37本塁打、92打点。OPS.887だが、大谷は打率.271、34本塁打、93打点。OPSは同じ.887となっている。

 ブレーブスの投打の柱級であると表現されている大谷について、記事では「投打でエリートレベルの選手である限り、彼を倒すことは出来ない。オオタニは希少を超えたことをやっている。前代未聞だ」「そういう意味で、最も価値のある選手はショウヘイ・オオタニとなる」とされている。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集