[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平が投げた変化球に「何これ」 マリナーズ戦の1球が米話題「ジャイロスライダー」

米大リーグで17日(日本時間18日)の本拠地マリナーズ戦で自己最多を更新する13勝目を挙げたエンゼルス・大谷翔平投手。この試合で投げ、新たな軌道を描いていた変化球に米記者が「ジャイロスライダーのように見えた」と関心を示した。投稿された動画に対し、ファンも「何これ」「数週間ごとに新球を投げるので、彼のスカウティングレポートを作るのは不可能」との声が上げ、話題になっている。

大谷翔平がマリナーズ戦で投げた一球とは?【写真:ロイター】
大谷翔平がマリナーズ戦で投げた一球とは?【写真:ロイター】

マリナーズ戦で多投したスライダーの軌道に米記者が関心

 米大リーグで17日(日本時間18日)の本拠地マリナーズ戦で自己最多を更新する13勝目を挙げたエンゼルス・大谷翔平投手。この試合で投げ、新たな軌道を描いていた変化球に米記者が「ジャイロスライダーのように見えた」と関心を示した。投稿された動画に対し、ファンも「何これ」「数週間ごとに新球を投げるので、彼のスカウティングレポートを作るのは不可能」との声が上げ、話題になっている。

【注目】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 野球専門の米シンクタンク「ベースボール・プロスペクタス」のルーカス・アポストレリス記者が自身のツイッターに「ショウヘイ・オオタニが多投していた変化球について注目してみよう」と記し、投稿したのはマリナーズ戦で投じた1球の動画だった。

 1-0とリードして迎えた3回1死、左打席のトロをカウント2-2と追い込むと、大谷は変化球を選択した。直球の握りから指先で切るようにして内角に投げ込まれた87マイル(約140.1キロ)は縦に大きく落ちながら曲がった。ワンバウンドしたが、トロのバットは止まらず空振り。三振に斬った場面だ。

 同記者は、この場面について「彼が通常投げるスライダーとは対照的に、フォーシームの握りをしたジャイロスライダーのように見えた」と表現。大谷のスライダーといえば、ベース板を横切るような横の変化の印象が強いが、縦の変化は新鮮だったようだ。

 動画を見た米ファンから「日本人投手は4、5か月ごとに新しい球を投げるのか?」「何これ」「オオタニは毎日良くなってる」「数週間ごとに新球を投げるので、彼のスカウティングレポートを作るのは不可能」「日ごとにエゲツなくなってる」「パワーカーブと呼んじゃダメ?」「進化したショウヘイ」などの声が続々。今季は新たにツーシームを投げており、二刀流の変化球にさらに関心が寄せられているようだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集