[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ゴロフキンの顎は「疑いなく史上最堅」 カネロに被弾しても12Rダウンなしに海外脱帽

17日(日本時間18日)に米ラスベガスで行われたボクシングの世界スーパーミドル級4団体統一タイトルマッチは、カネロことサウル・アルバレス(メキシコ)が3-0判定勝ちし、4本のベルトを防衛した。3度目の対戦に敗れはしたものの、打たれても倒れないゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)の顎の強さが話題に。米スポーツチャンネルが注目すると、米ファンを「疑いなく史上最堅の顎だ」と脱帽させている。

ゲンナジー・ゴロフキンとカネロことサウル・アルバレス(右)【写真:Getty Images】
ゲンナジー・ゴロフキンとカネロことサウル・アルバレス(右)【写真:Getty Images】

被弾しても倒れないゴロフキンに海外ファン「鉄の顎を持っているね」

 17日(日本時間18日)に米ラスベガスで行われたボクシングの世界スーパーミドル級4団体統一タイトルマッチは、カネロことサウル・アルバレス(メキシコ)が3-0判定勝ちし、4本のベルトを防衛した。3度目の対戦に敗れはしたものの、打たれても倒れないゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)の顎の強さが話題に。米スポーツチャンネルが注目すると、米ファンを「疑いなく史上最堅の顎だ」と脱帽させている。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 何発被弾しても最後まで倒れなかった。スピードとパワーで圧力をかけ、試合を有利に展開したカネロに対し、守りの時間が長くなったゴロフキン。鋭い右ストレート、右フックを顎に被弾するもガードは下がらず。ダメージを負った素振りを見せず、王者にお返しとばかりに左のカウンターフックも繰り出す場面もあった。判定で敗れたものの、12ラウンドを戦い抜き、40歳にして打たれ強さが際立った。

 実際の映像を、米スポーツチャンネル「DAZNボクシング」が公式ツイッターとインスタグラムで公開。文面には「カネロとゴロフキンは強靭な顎を持っている」と記された。米ファンからは「疑いなく史上最堅の顎だ」「GGG(ゴロフキンの愛称)は鉄の顎を持っているね」「強打もあったのにダウンなしなんて!」「レジェンドだ」などの声が寄せられ、健闘が称賛されていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集