[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

19歳新人・桑木志帆が3打差4位 続く同期&年下の優勝で闘志「刺激になるし、悔しい」

女子ゴルフの国内ツアー・住友生命Vitalityレディス 東海クラシック第2日が17日、愛知・新南愛知CC美浜C(6502ヤード、パー72)で行われた。3位で出た19歳・桑木志帆(岡山御津CC)は、5バーディー、2ボギーの69で通算8アンダーとし、4位で最終日を迎える。昨年6月の最終プロテストに合格した新人。11アンダーで首位の尾関彩美悠(フリー)も同じ岡山県出身のルーキー同士だが、桑木の方が1学年先輩。「優勝を狙います」と燃えている。

住友生命東海C、首位と3打差の4位につけた桑木志帆【写真:Getty Images】
住友生命東海C、首位と3打差の4位につけた桑木志帆【写真:Getty Images】

住友生命東海C第2日

 女子ゴルフの国内ツアー・住友生命Vitalityレディス 東海クラシック第2日が17日、愛知・新南愛知CC美浜C(6502ヤード、パー72)で行われた。3位で出た19歳・桑木志帆(岡山御津CC)は、5バーディー、2ボギーの69で通算8アンダーとし、4位で最終日を迎える。昨年6月の最終プロテストに合格した新人。11アンダーで首位の尾関彩美悠(フリー)も同じ岡山県出身のルーキー同士だが、桑木の方が1学年先輩。「優勝を狙います」と燃えている。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 首位に3打差のフィニッシュ。桑木は前向きに捉えていた。

「前の時は5打差がありましたが、まだ(今回の方が)チャンスはあると思うので、絶対に優勝を狙います」

 桑木は5月のリゾート トラストレディスで、最終日を首位の小祝さくらに5打差の3位で迎えた。初めての最終日最終組で緊張しながら69で回り、優勝した小祝との差を3打差に縮めて4位で終えた。その際、「次のチャンスは生かしたい。同期合格の中では、一番最初に優勝したいです」と話していた。

 しかし、8月に同期の岩井千怜が2週連続優勝。前週の日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯では、1学年下の川崎春花がツアー初優勝を飾った。そして、今大会では同郷でジュニア時代からのライバル、尾関が首位に立っている。だからこそ、この日のラウンド終了時から闘志が湧いていた。

「同期とか1個下の子とかが優勝していたら、刺激にもなるし、自分も頑張らなければと思いますし、悔しいなと思います。今回はチャンスをつかみたいです」

 試合には、父・正利さんが必ず帯同している。4歳から二人三脚で歩んできた父に、桑木は「今度こそ」晴れ姿を見せるつもりだ。

(THE ANSWER編集部・柳田 通斉 / Michinari Yanagida)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集