[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

馬場咲希、凱旋試合一問一答 74位予選落ち、フェアウェーキープ3度に「酷すぎる~」

女子ゴルフの国内ツアー・住友生命Vitalityレディス東海クラシック第2日が17日、愛知・新南愛知CC美浜C(6502ヤード、パー72)で行われた。91位で出た17歳・馬場咲希(代々木高2年)は2バーディー、2ボギーの通算4オーバーとして74位。ツアー出場3試合目で初めての予選落ちとなった。今大会は全米女子アマチュア選手権優勝後の凱旋試合だったが、ショット、パットともに不調。次戦は日本女子オープン(9月29日~10月2日、千葉・紫CCすみれC)で「落ちた飛距離を戻したい」などと語った。以下、一問一答。

住友生命東海C、通算4オーバーの74位で予選通過はならなかった馬場咲希【写真:Getty Images】
住友生命東海C、通算4オーバーの74位で予選通過はならなかった馬場咲希【写真:Getty Images】

住友生命Vitalityレディス東海クラシック第2日

 女子ゴルフの国内ツアー・住友生命Vitalityレディス東海クラシック第2日が17日、愛知・新南愛知CC美浜C(6502ヤード、パー72)で行われた。91位で出た17歳・馬場咲希(代々木高2年)は2バーディー、2ボギーの通算4オーバーとして74位。ツアー出場3試合目で初めての予選落ちとなった。今大会は全米女子アマチュア選手権優勝後の凱旋試合だったが、ショット、パットともに不調。次戦は日本女子オープン(9月29日~10月2日、千葉・紫CCすみれC)で「落ちた飛距離を戻したい」などと語った。以下、一問一答。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

――2日間を終えた感想は。

「予選を通過できずに悔しいですけど、大勢のギャラリーの方々の前でプレーできたので、悔しさよりも楽しかった方が大きいです。いい経験になりました」

――注目された中でのプレーだった。

「自分的には興奮しました」

――スコアについて。

「今日も昨日と変わらない感じでした。ただ、後半は悔いのないように攻めていきました。2つスコアを戻せたのは良かったです」

――2つのバーディーについては。

「5番は得意の距離が残ったので難しいピン位置でしたけど、狙いにいきました。8番もセカンドショットでピンを狙って、思ったようにバーディーが獲れました」

――初日から修正できた点は。

「昨日、ロングパットはミスが多かったのですが、その辺は修正できました。ドライバーも昨日は球が曲がって振り切れなかったのですが、やっぱり、曲がってしまって途中で降り切れなかったので、今日はそれは絶対にないように振りました」

――アプローチは良かったのでは。パターで打てるところもウェッジで打っていましたが。

「はい。ウェッジの方が自信があって、カップインを狙っていけるので」

――今日はフェアウェーキープが3回。

「そうです。ひどすぎる~(苦笑)」

――日本女子オープンに向けて。

「すごく距離が長いコースというのを見たので、時間はあんまりないんですけど、飛距離を少しでもいいから戻したいなと思います。そして、今回はショットの精度が良くなかったので、そこはしっかり修正したいです」

(THE ANSWER編集部・柳田 通斉 / Michinari Yanagida)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集