[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子ゴルフ新星・川崎春花 メジャーV直後の20秒握手にファン感動「同期っていいよね」

11日まで京都・城陽CCで行われた女子ゴルフの国内メジャー・日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯は地元・京都出身の19歳ルーキー・川崎春花(フリー)の大会最年少優勝で幕を閉じた。観客からの温かい拍手と声援に包まれる中、同期の佐藤心結(ニトリ)との“20秒の握手”に注目。日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)は動画を公開。ファンからは「同期っていいよね」「最高です」といった反響が寄せられている。

日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯、18番でバーディーを決めガッツポーズする川崎春花【写真:Getty Images】
日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯、18番でバーディーを決めガッツポーズする川崎春花【写真:Getty Images】

日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯最終日

 11日まで京都・城陽CCで行われた女子ゴルフの国内メジャー・日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯は地元・京都出身の19歳ルーキー・川崎春花(フリー)の大会最年少優勝で幕を閉じた。観客からの温かい拍手と声援に包まれる中、同期の佐藤心結(ニトリ)との“20秒の握手”に注目。日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)は動画を公開。ファンからは「同期っていいよね」「最高です」といった反響が寄せられている。

【注目】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 7メートルのロングパットをねじ込み、右手で軽くガッツポーズを見せた川崎。同組の浜崎未来と軽く抱擁した後にコースを離れると、アテストに向かう道の途中で佐藤が待っていた。

 しっかりと抱き合うと、佐藤の「おめでとう」という祝福に川崎は「ありがとう」と返した。そこから佐藤は川崎の左手を掴んでがっちり握手。「マジ、ナイス」と声をかけながら、アテスト会場の直前まで約20秒、2人は握った手を離さなかった。

 JLPGAは「ルーキー川崎春花が国内メジャーでツアー初優勝 歓喜の瞬間や同期佐藤心結からの祝福、表彰式での表情をまとめました」との文面とともに動画を公開。ファンからは「最高です」「素晴らしい」「同期っていいよね」「感動しました」といったコメントが寄せられている。

 4打差4位から出た最終日の川崎は64の好スコアで回り、通算16アンダーで逆転V。予選会から出場しての優勝は史上初で、19歳133日での優勝は大会史上最年少記録となった。佐藤も通算11アンダーの4位。94期の2人が大いに盛り上げた大会となった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集