[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

サッカーへの未練断ち切った2年間 元Jリーガー中村亮、中学教員を経験して訪れた転機

1993年の開幕から30シーズン目を迎えているJリーグは、これまで時代を彩るスターを生み出してきた一方、毎年多くの選手が現役生活に別れを告げ、人生の選択を迫られてきた。期待の大卒ルーキーとして2004年にFC東京に加入した中村亮は、怪我によりわずか2年でスパイクを脱いだ。引退から8年後、米国留学をサポートする会社を起業したが、そこへ至るまでの道のりで転機となったのは、プロ生活を断念した直後、中学校の教員として過ごした2年間だった。(取材・文=加部 究)

FC東京に2シーズン在籍した中村亮氏、引退直後には公立中学校で教員を経験した【写真:株式会社WithYou】
FC東京に2シーズン在籍した中村亮氏、引退直後には公立中学校で教員を経験した【写真:株式会社WithYou】

「元Jリーガー社長のキャリア選択」第2回、名門高校での飛躍と抱えていた膝の痛み

 1993年の開幕から30シーズン目を迎えているJリーグは、これまで時代を彩るスターを生み出してきた一方、毎年多くの選手が現役生活に別れを告げ、人生の選択を迫られてきた。期待の大卒ルーキーとして2004年にFC東京に加入した中村亮は、怪我によりわずか2年でスパイクを脱いだ。引退から8年後、米国留学をサポートする会社を起業したが、そこへ至るまでの道のりで転機となったのは、プロ生活を断念した直後、中学校の教員として過ごした2年間だった。(取材・文=加部 究)

 ◇ ◇ ◇

 3歳でボールを蹴り始めた中村亮は、ほぼ20年間をかけてJリーガーになった。

 もっとも最初の頃は「砂いじりやコーナーフラッグの近くでだんご作りに夢中だった」そうで、本当にプロへの憧憬を抱いたのは小学6年生の時にテレビ中継された煌びやかな記念すべきJリーグ開幕戦を目にしてからだという。

 185センチの長身、駿足、それに1割前後の稀有な左利き。3拍子揃った逸材は、しかし最初からエリート街道を突っ走ってきたわけではなかった。兵庫県内屈指の強豪滝川第二高には一般受験で臨み、合格してサッカー部に入ろうと希望するが、そこで初めて一般受験生は入部できないことを知る。

「中学3年の夏にセレクションがあったことも知らず、後から中学時代に在籍した須磨FCの監督から入部をお願いして頂きました」

 当時滝川二高を率いた黒田和生監督からは「3年間辞めない」ことを唯一の条件に入部を認めてもらった。そんな調子なので、入学当初は「県内外の選手たちが集まるなかで、周囲のレベルの高さに驚きながら」毎日を過ごした。だが2年生の冬、唐突にチャンスが到来する。全国高校選手権兵庫県予選決勝の前日に黒田監督に呼ばれ「明日スタメンで行くわ」と告げられるのだ。

 それまで一度もベンチ入りしていなかった中村にとっては、「この人、いったい何を言い出すんだ」と青天の霹靂で、無我夢中でプレーした決勝戦の記憶はほとんどない。だが神戸弘陵高を下し本大会への出場を決めた試合の録画を見直してみると、アナウンサーは黒田監督の「中村は隠し球」という言葉を再三引用していた。

1 2 3

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近、選手主体のボトムアップ方式で部活に取り組む堀越高校サッカー部のノンフィクション『毎日の部活が高校生活一番の宝物』(竹書房)を上梓。『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(いずれもカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集