[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

42歳プホルス、歴代4位697号HR球を受け取らず ファンに戻した行動に米感動「素晴らしい」

米大リーグ・カージナルスの42歳アルバート・プホルス内野手が11日(日本時間12日)、敵地パイレーツ戦で通算697号本塁打となる18号2ランを放った。これでアレックス・ロドリゲスを抜い歴代単独4位に浮上。記念のホームランボールはファンから一度は返却されかけたが、プホルスはなぜかこれを断ったという。プホルスの“真意”を米メディアが伝えている。

9回に逆転となる18号2ランを放ったカージナルスのアルバート・プホルス【写真:ロイター】
9回に逆転となる18号2ランを放ったカージナルスのアルバート・プホルス【写真:ロイター】

敵地パイレーツ戦で値千金の逆転18号2ランは歴代単独4位の697号

 米大リーグ・カージナルスの42歳アルバート・プホルス内野手が11日(日本時間12日)、敵地パイレーツ戦で通算697号本塁打となる18号2ランを放った。これでアレックス・ロドリゲスを抜いて歴代単独4位に浮上。記念のホームランボールはファンから一度は返却されかけたが、プホルスはなぜかこれを断ったという。プホルスの“真意”を米メディアが伝えている。

【注目】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 1-2で迎えた9回無死二塁。パイレーツ右腕デヨングの93マイル(約149.6キロ)の外角高めの直球を跳ね返したプホルスの打球はバックスクリーン右に飛び込む値千金の逆転弾となった。

 スタンドではホームランボールの争奪戦となったが、これを手にしたのはパイレーツファンの男性、マット・ブラウンさん。米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のMLB専門ツイッターはこの後にマットさんが一緒に観戦していたサマンサさんとプホルスにボールを返しに行った際のやり取りを公開した。

「マットとサマンサ・ブラウンがプホルスの697号ホームランボールをキャッチした。サマンサの父は1年前の同じ日に亡くなっている。2人はアルバートにボールを返しに行ったが、彼はボールを取っておくように伝えると、サインボール2つを渡した。ボールはプホルスより彼女にとってより大きな意味を持つのだろう」

「FOXスポーツ」の同ツイッターは「アルバート・プホルスが697号のホームランボールで心温まる行動」との文面とともに、2人が3個のボールを持って微笑む写真を公開。米スポーツメディア「スポーティングニュース」も「ホームランボールをパイレーツのファン2人に渡した理由」との見出しで「MLBの歴史におけるこのボールの重要性を考えたら、非常に心のこもった行為だ」と報じた。

 米ファンからは「一流の振る舞い!」「何て粋な男なんだ」「プロスポーツ界最高にいい話だ!」「球界最高の人。彼はあらゆる面で素晴らしい」「リスペクト!」といった感動のコメントが。「素晴らしい選手、そして素晴らしい人間性!!!」「アルバートは球界そして世界への贈り物だよ!」「素晴らしい男だ。700本に相応しい」「最高だね。良き人たちは報われる」など称賛の声が続々寄せられている。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集