[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の「この世のものと思えない」凄さ エ軍女房役が驚いた100マイル新球の秘密

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は今季投手として11勝、野手としても30本塁打をマーク。ベーブ・ルースでも達成できなかったMLB初の偉業「年間10勝&30発」を成し遂げている。投手としては新球を導入するなど進化を止めない二刀流。女房役のマックス・スタッシ捕手は「この世のものとは思えない」と飲み込みの早さに驚いている。

アストロズ戦に「3番・投手兼DH」で先発し、8回1失点と好投したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
アストロズ戦に「3番・投手兼DH」で先発し、8回1失点と好投したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

スタッシが新球シンカーに驚き

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は今季投手として11勝、野手としても30本塁打をマーク。ベーブ・ルースでも達成できなかったMLB初の偉業「年間10勝&30発」を成し遂げている。投手としては新球を導入するなど進化を止めない二刀流。女房役のマックス・スタッシ捕手は「この世のものとは思えない」と飲み込みの早さに驚いている。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 8回111球の力投を見せた3日(日本時間4日)のアストロズ戦では、100マイル(約161キロ)のシンカーで右打者マコーミックから見逃し三振を奪った。このボールに関して、スタッシは「あれはエリート中のエリートの球だった」と衝撃を受けた様子だったと米カリフォルニア州地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」の記事で伝えられている。

 今季から新球シンカーを披露している大谷。フォーシームと大きく変わらない速度で、右打者の内角に食い込むような軌道を描く。これまでも武器にしていたスライダー、スプリットなどに加え、更に投球の幅を広げることになった。

 記事でスタッシは「(普通は)何年もかけて球種を習得するものだ。どのようにスライダーを投げるのかとかね」としながら、大谷の習得の早さについて「彼の手の置き方とスピンの掛け方を気づく力は、この世のものとは思えないよ」と語ったことが伝えられている。

 シンカーに関してスタッシは「間違いなく良くなっている。コマンドも良くなっているし、感覚も良いだろう。新球種だ」と手応えを感じている様子。「これぞショウヘイのストーリーだ。最初はある特定の方向へ行くが、彼はその登板の後半か、次の数イニングでやり方を変える。彼はそれ(シンカー)に手応えがあるよ」と、臨機応変に対応する投球を表現した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集