[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、同じ100マイルなのに“全く違う2球”に米ファン衝撃「待って待って、え?」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が投じた100マイル(約161キロ)のボールが、米国で衝撃を呼んでいる。好投した3日(日本時間4日)のアストロズ戦。途中までフォーシームと同じ軌道ながら、内角に食い込むように急変化したシンカーに同国の投球分析家が注目。2球の比較に米ファンも「これは悪魔だ」「不可能」「待って待って、えっ?」と驚いている。

アストロズ戦に「3番・投手兼DH」で先発し、8回1失点と好投したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
アストロズ戦に「3番・投手兼DH」で先発し、8回1失点と好投したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

アストロズ戦の2球種に米分析家が脚光

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が投じた100マイル(約161キロ)のボールが、米国で衝撃を呼んでいる。好投した3日(日本時間4日)のアストロズ戦。途中までフォーシームと同じ軌道ながら、内角に食い込むように急変化したシンカーに同国の投球分析家が注目。2球の比較に米ファンも「これは悪魔だ」「不可能」「待って待って、えっ?」と驚いている。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 12勝目こそ逃したものの、8回111球の熱投でサヨナラ勝ちに貢献した大谷。この日は新球も冴えた。アストロズの右打者マコーミックへの直球とシンカーを重ね合わせた投球映像では、同じ100マイルで途中までの軌道にほぼ変わりはない。しかし、シンカーは途中で内角に食い込みながら落ちるように変化。ホームベース上では全く違う場所を通過していた。

 それぞれの投球を重ねると、見極めの難しさがより顕著に。驚きの映像を「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米投球分析家ロブ・フリードマン氏がツイッターに公開し、「ショウヘイ・オオタニ、100マイルのフォーシーム速球と100マイルのシンカー。オーバーレイ」と伝えた。

 これには米ファンも驚きが隠せない様子で、「勘で当てなきゃいけない。それが唯一の方法だ」「違いは見抜けない。勘だけだ」「エグい!」「これは悪魔だ」「不可能だ」「待って待って、えっ?」「これはヤバすぎる」などとコメントが集まっていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集