[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

17歳馬場咲希、本領発揮の56人抜きで7位急浮上 チーム戦も4位に「JAPANの文字が来た」【世界女子アマチュアゴルフチーム選手権】

世界女子アマチュアゴルフチーム選手権の第2日が25日、フランス・パリのゴルフ・ド・サンノム・ラ・ブルティッシュ(6160ヤード、パー72)で開催された。個人順位63位から出た17歳の馬場咲希(日本ウェルネス高2年、9月1日付で代々木高2年)は6バーディー、1ボギーの67で回り、通算2アンダー。56人抜きで首位に4打差の7位に急浮上した。

世界女子アマチュアゴルフチーム選手権第2日に登場した馬場咲希【写真:JGA】
世界女子アマチュアゴルフチーム選手権第2日に登場した馬場咲希【写真:JGA】

橋本美月、上田澪空と日本代表として出場

 世界女子アマチュアゴルフチーム選手権の第2日が25日、フランス・パリのゴルフ・ド・サンノム・ラ・ブルティッシュ(6160ヤード、パー72)で開催された。個人順位63位から出た17歳の馬場咲希(日本ウェルネス高2年、9月1日付で代々木高2年)は6バーディー、1ボギーの67で回り、通算2アンダー。56人抜きで首位に4打差の7位に急浮上した。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 馬場が本領を発揮した。初日はパットに苦しんだが、スタートの10番パー4からバーディーをゲット。16番パー3、17番パー5でもスコアを伸ばした。後半は4番パー4をボギーにしたが、最終9番パー3でバーディーチャンスを決めるなど3バーディー。気持ち良くラウンドを終えた。

 今月の全米女子アマチュア選手権で日本人として37年ぶりの優勝を飾り、注目を集める馬場。日本ゴルフ協会を通じてこうコメントした。

「今日は自信を持ってパットが打てたのがうれしかったです。前半2ヤード(約1.8メートル)ぐらいのバーディーパットを何個か外しましたが、昨日、パットを外していた分、今日も『こういう日もあるよ』と切り替えて次のホールに行けていたので、メンタル的にもいい感じで回れていました」

 アイアンショットは初日に続いて好調。一方で、平均270ヤードを誇るドライバーショットについては「あんまり良くなくて、曲がったり」と振り返った。それでも、林から木の下にボールをくぐらせるなどしてカバー。「転がすショットも良かったので、ボギー少なく回れました」と、対応力の高さを見せつけた。

 馬場とともに日本チームに名を連ね、個人36位から出た橋本美月(東北福祉大2年)は71で回って通算イーブンパーの19位に浮上。個人22位から出た上田澪空(共立女子第二高2年)は74で通算2オーバーとし、27位に後退となった。各チーム上位2人のスコアが採用されるチーム戦で、日本は通算5アンダーで13位から4位に浮上。9アンダーで首位のスウェーデンと4打差に迫った。

 馬場は、第2日に限っては168人(1人棄権)中2位の67。個人、チーム戦とも一気に順位を上げ、優勝も狙える状況になってきた。大会前、「日本代表になることが夢だった」と話した馬場は「さっき、最終ホールのリーダーボードを見て、ジャパンの文字が来たので、明日もスコアボードに載るように頑張りたいです」と意気込んでいる。残り2日。チーム戦での初優勝、個人でも全米女子アマチュア選手権に続くタイトル獲得を狙う。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集