[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、13の新天地候補に米注目 「これ以上なくいい位置」と指摘された球団は?

球団売却を検討していることが明らかになった米大リーグ・エンゼルス。これに伴い、2023年シーズン後にフリーエージェント(FA)となる大谷翔平投手の去就も米国では注目されている。米メディアは移籍先として「可能性を見た」13球団をピックアップ。特に現実的な7球団も紹介している。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

米メディアが特に現実的と考えているチームは

 球団売却を検討していることが明らかになった米大リーグ・エンゼルス。これに伴い、2023年シーズン後にフリーエージェント(FA)となる大谷翔平投手の去就も米国では注目されている。米メディアは移籍先として「可能性を見た」13球団をピックアップ。特に現実的な7球団も紹介している。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 米ヤフースポーツは「エンゼルス売却がショウヘイ・オオタニとマイク・トラウトとアナハイムに意味することとは? 連鎖反応の可能性もある」との見出しで記事を掲載。球団売却が実現した場合、「買い手がオオタニの(残留への)考えを変えることは出来るか? 可能性はある。しかし、タイミングがそれを許さないだろう」と、大谷が新天地に移る可能性の方が高いと見ているようだ。

 記事では「オオタニに相応しい球団は、少なくとも堅実なファームシステムと、より重要なのは3億5000万ドル(約479億円)かそれ以上を払って彼と長期契約を結ぶ意欲だ。現実的な新天地はそれほど多くない。13球団に可能性を見たが、7球団がより現実的だろう」としている。

 より可能性があると紹介されているのは、ドジャース、ジャイアンツ、メッツ、ヤンキース、カージナルス、レンジャーズ、ブレーブスの7球団。ドジャースについては「アンドリュー・フリードマンのスター集団には、彼(大谷)を連れてこれる若い才能がおり、彼の成功を助けられる組織的な能力もある。6人でのローテーションも可能だ」と、二刀流起用の障壁が少ないことに注目している。

 同じ西海岸のジャイアンツは「2024年以降の経済的なコミットが驚くほど少ない。ジャイアンツ以下はパイレーツとオリオールズだけだ。今冬の大型契約に乗り出すのに、これ以上良い位置にいる球団はいないかもしれない」と指摘されており、ヤンキースは「実現させるプロスペクトと金が明らかにある。しかしGMのブライアン・キャッシュマンは近年、このようなトレードを躊躇している」と記されていた。

 7球団に加え、ブルージェイズ、マリナーズ、レッドソックス、アストロズ、パドレス、カブスと合わせて13球団が大谷の移籍先候補として挙げられている。また、記事では「買い手に球団を渡すまでには1年近くかかるだろう」と、エンゼルスの売却について伝えられている。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集