[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「これはCGか?」 163キロで食い込む衝撃シンカーに米ファン唖然「違法であるべき」

米大リーグの剛腕が、101.5マイル(約163.3キロ)で変化する驚きの投球を披露した。右打者の内角に食い込むような軌道。しかもセットポジションから投じており、動画を公開した米投球分析家も驚いた様子。米ファンも「これはCGか?」と衝撃を受けている。

カージナルスのジョーダン・ヒックス【写真:ロイター】
カージナルスのジョーダン・ヒックス【写真:ロイター】

カージナルスのヒックスが驚きの投球

 米大リーグの剛腕が、101.5マイル(約163.3キロ)で変化する驚きの投球を披露した。右打者の内角に食い込むような軌道。しかもセットポジションから投じており、動画を公開した米投球分析家も驚いた様子。米ファンも「これはCGか?」と衝撃を受けている。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 高速で曲がる、恐ろしいボールを投げ込んだのは、カージナルスのジョーダン・ヒックス投手だった。25日(日本時間26日)のカブス戦、9回1死走者なしで対戦した右打者ベラスケスを追い込むと、素早いモーションから思い切り右腕を振った。101.5マイルで、しかも内角低めへ食い込む軌道。ベラスケスは手が出ず、三球三振となった。

 この投球に注目したのは、「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米投球分析家ロブ・フリードマン氏。文面では「これに対して何をすればいいんだ?」と驚いた様子。米ファンも「立ち去るしかない」「シンプルに感服して帰ろう」「立ち尽くして、ただ見るんだ」「祈る?」「ボール判定を願う」「これは違法であるべき」「これはCGか?」と唖然とした様子だった。

 フリードマン氏はツーシームと表現し、MLB公式サイトではシンカーと伝えられたこの投球。剛腕で知られるヒックスは今季ここまで防御率5.36だが、この試合では8回途中から打者5人と対戦し、無安打無失点で試合を締め、8-3の勝利に貢献している。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集