[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の元同僚が新天地で快記録 米ファン辛辣「エンゼルスのコーチ陣がどれほど…」

米大リーグ・フィリーズのノア・シンダーガード投手は22日(日本時間23日)の本拠地レッズ戦で7回3安打1失点と好投。今季8勝目(8敗)を挙げた。大谷翔平投手も所属するエンゼルスから今月トレード移籍。新天地では、シンダーガードが先発した4試合でフィリーズは全勝で、12年ぶりの快記録を樹立。米メディアが伝えると「彼がまだエンゼルスにいればなぁ」「エンゼルスを去った後に!」などと反響を集めている。

シンダーガードが先発登板した試合でフィリーズは全勝している【写真:ロイター】
シンダーガードが先発登板した試合でフィリーズは全勝している【写真:ロイター】

シンダーガードがフィリーズ移籍後4戦負けなし

 米大リーグ・フィリーズのノア・シンダーガード投手は22日(日本時間23日)の本拠地レッズ戦で7回3安打1失点と好投。今季8勝目(8敗)を挙げた。大谷翔平投手も所属するエンゼルスから今月トレード移籍。新天地では、シンダーガードが先発した4試合でフィリーズは全勝で、12年ぶりの快記録を樹立。米メディアが伝えると「彼がまだエンゼルスにいればなぁ」「エンゼルスを去った後に!」などと反響を集めている。

【注目】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 シンダーガードが投げれば負けない。この日は5回にソロを浴びるも失点はこれだけ。奪三振は1つだけだったが、たった89球で7回3安打1失点の快投。移籍後3勝目を挙げた。プレーオフ進出を狙うフィリーズはシンダーガードが登板した試合は4戦無敗。米専門局「MLBネットワーク」公式インスタグラムは、初先発からチームが4戦全勝するのはフィリーズ史上2010年のロイ・ハラデイ以来だったと伝えた。

 エンゼルスから8月2日(同3日)の期限最終日にトレードされたシンダーガード。新天地で勝利を重ねる現状に、「MLBネットワーク」の投稿には米ファンから「彼がまだエンゼルスにいればなぁ」「エンゼルスを去った後に!」「アナハイムでも援護があれば同じだった」「彼はエンゼルスでも良かったんだ」など複雑な心中を表すコメントが寄せられた。さらに「エンゼルスのコーチ陣がどれほど良くないかの証明だ」「良いチームにいることが違いになる」といった辛辣な声も上がっている。

 29歳のシンダーガードは今季エンゼルスに加入。先発ローテーションの一員として期待されたが、エンゼルスでは難があるクイックモーションを突かれて盗塁を許すケースが多発。5勝8敗と負け越していた。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集