[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、残留に新オーナーは「682億円」を払うか エンゼルスの“未来”を米紙予想

米大リーグ・エンゼルスは23日(日本時間24日)、球団の売却を検討していることを公式ツイッターで発表した。米紙「ニューヨーク・ポスト」はオーナー変更による大谷翔平投手の去就に注目。「トレードした場合の見返りは巨大だ」「5億ドル(約682億円)払って生涯アナハイムに留まらせるかもしれない」とエ軍の“未来”を予想している。

球団売却で大谷翔平の去就にも注目が集まっている【写真:ロイター】
球団売却で大谷翔平の去就にも注目が集まっている【写真:ロイター】

オーナーのモレノ氏が球団売却検討を発表

 米大リーグ・エンゼルスは23日(日本時間24日)、球団の売却を検討していることを公式ツイッターで発表した。米紙「ニューヨーク・ポスト」はオーナー変更による大谷翔平投手の去就に注目。「トレードした場合の見返りは巨大だ」「5億ドル(約682億円)払って生涯アナハイムに留まらせるかもしれない」とエ軍の“未来”を予想している。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

「ニューヨーク・ポスト」は「アート・モレノのエンゼルス売却が、ショウヘイ・オオタニに意味することとは」の見出しで記事を掲載。20シーズンに渡りオーナーを務めたモレノ氏が「今がその時と結論付けた」とチーム売却への思いを吐露したことを紹介。その上で、オーナー変更が2023年シーズン後にフリーエージェントとなる大谷にもたらす影響を、こう指摘した。

「トレード期限間際まで移籍の噂がささやかれていたスター選手ショウヘイ・オオタニにとっては特に影響があるだろう。同紙のジョン・ヘイマン記者は、モレノが大谷のトレードに強烈に反対し、話が始まる前に拒否していたと伝えていた。モレノがいなくなれば、それも変わるかもしれない」

 パドレスのA.J.プレラーGMが大谷のトレードに乗り出していたことを同紙に認めるなど、オファーを出す球団はあったようだが、モレノ氏がそれを頑なに拒否。今季の移籍は実現していなかった。記事では、「エンゼルスがトレードを決断すればその見返りも巨大だ」とし、二刀流の価値の高さに加え、「穴だらけ」のエンゼルスにとって大谷のトレードに一定の利があると紹介した。

 その一方で、大谷残留のシナリオにも言及。「新オーナーは、彼を生涯アナハイムに留めるために5億ドルを払う決断をするかもしれない。オオタニは入団以来プレーオフに進出していないチームに、快く留まらなければならないだろうが、新オーナーは新たな方向へ舵を切ると、彼を説得出来るかもしれない」と可能性のある“未来予想図”の一つを描いていた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集