[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

グラブタッチ直後に失神KO 隙を突いた無敗ボクサー「一番大切なのは自分を守ること」

米国で行われたボクシングの試合で、相手の隙を突いた失神KO劇が生まれた。20日(日本時間21日)のライト級10回戦。ダウンをとられた選手が立ち上がり、相手とグラブタッチした直後に左フックを被弾。大の字に倒れたシーンを海外メディアが報じた。勝利した選手は「1番大切なことは自分を守ることだ」とコメントしているという。

グラブタッチ後に生まれた一瞬の隙を突いた(写真はイメージです)
グラブタッチ後に生まれた一瞬の隙を突いた(写真はイメージです)

米国の試合で生まれた失神KO劇とは

 米国で行われたボクシングの試合で、相手の隙を突いた失神KO劇が生まれた。20日(日本時間21日)のライト級10回戦。ダウンをとられた選手が立ち上がり、相手とグラブタッチした直後に左フックを被弾。大の字に倒れたシーンを海外メディアが報じた。勝利した選手は「1番大切なことは自分を守ることだ」とコメントしているという。

【注目】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 思わぬ決着を迎えた。デビューから18連勝だったルーベン・トーレス(米国)は7回、対戦相手クリスティアン・バエス(ベネズエラ)からダウンを奪う。しかし、バエスはスリップを主張して納得いかない様子。再開後、グラブタッチを求めたトーレスに、不満を示していたバエスも応じたが、その直後だった。

 トーレスがグラブタッチ後に生まれた一瞬の隙を突き、左フックをお見舞い。予想外だったのか、バエスはまともに食らって大の字に倒れた。体は硬直し、動かない。失神したバエスを見たレフェリーが即座に試合を止め、トーレスのKO勝ちが決まった。

 米専門誌「ザ・リング」は「ライト級の有望株、トーレスがバエスをKOして無敗をキープ」との見出しでこの試合を報じた。KOの瞬間については「(最初のダウンで)バエスはキャンバスに倒れたが、レフェリーに足がもつれただけと主張した。試合が再開されると、トーレスは左フックを着弾させ、バエスは倒れた」と伝えている。

 またボクシング専門メディア「ファイトニュース.com」は「(最初のダウンで)バエスは審判に抗議して、試合が再開されると、トーレスはすぐに左フックでKOを奪った」と報じた。リング誌はトーレスのコメントも紹介「どんな時もボクシングで一番大切なことは自分を守ることだ」などと話したという。24歳のトーレスは2017年のプロデビューからこれで19勝(16KO)無敗としている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集