[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

伝説ブアカーオに屈した三浦孝太、敵地タイ放送局は同情「日本の挑戦者には強すぎた」

総合格闘家の三浦孝太(BRAVE)が19日、タイのラジャダムナンスタジアムで行われた元K-1ワールドMAX王者ブアカーオ・パンチャメーク(タイ)とのエキシビションで3回レフェリーストップを受けた。伝説的選手に圧倒され、最後は手も足も出なかったが、タイ公共放送は「ブアカーオは日本の挑戦者には強すぎた」と同情気味に伝えた。

タイのラジャダムナンスタジアムで三浦孝太が元K-1ワールドMAX王者ブアカーオ・パンチャメークと対戦した【写真:Getty Images】
タイのラジャダムナンスタジアムで三浦孝太が元K-1ワールドMAX王者ブアカーオ・パンチャメークと対戦した【写真:Getty Images】

三浦孝太とブアカーオの対戦にタイ公共放送が注目

 総合格闘家の三浦孝太(BRAVE)が19日、タイのラジャダムナンスタジアムで行われた元K-1ワールドMAX王者ブアカーオ・パンチャメーク(タイ)とのエキシビションで3回レフェリーストップを受けた。伝説的選手に圧倒され、最後は手も足も出なかったが、タイ公共放送は「ブアカーオは日本の挑戦者には強すぎた」と同情気味に伝えた。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 会場からも悲鳴が飛んだ。肘打ちなどのないキックボクシングルール3分×3回、判定決着なしで行われたエキシビション。終始、三浦はブアカーオの圧力を受けた。3回はコーナーに追い詰められ、飛び膝蹴りを何発も浴びる展開。間髪入れず左右のパンチや蹴りの猛ラッシュを受けるとレフェリーストップとなった。三浦が打撃を受けるたびに、会場のタイ女性も口をあんぐり。手で押さえる人も見られた。

 タイ公共放送局「PBS」の英語版「PBSワールド」は「ムエタイボクシング王者のブアカーオは日本のMMA挑戦者にとっては強すぎた」との見出しで記事を掲載。「多くを女性が占めた1万人の観客が詰めかけた中、40歳ブアカーオが飛び膝蹴りを解き放ち、20歳日本の挑戦者の胸に突き刺した。コウタはこれで不安定に揺さぶられた」と衝撃を伝えた。

 記事では「試合後、ブアカーオはコウタに歩み寄り、彼の手を上げると、観客の拍手を促した」と友好的な行動も紹介していた。三浦は元日本代表FW三浦知良の次男。格闘技デビューとなった昨年大晦日のRIZINで勝利を飾っていた。自身のSNSにはタイの女性ファンから応援コメントが相次ぐなど、現地でも大人気だった。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集