[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ついに上がってきた原英莉花、4打差4位から“今季初”宣言「強気で優勝を目指したい」

女子ゴルフの国内ツアー・CATレディース第2日が20日、神奈川・大箱根CC(6638ヤード、パー72)で行われた。12位で出たツアー通算4勝の原英莉花(NIPPON EXPRESSホールディングス)は6バーディー、2ボギーの68で回り、通算7アンダーで首位と4打差の4位に浮上。スイングも「理想に近づいている」と明かし、最終日に向けて「優勝を目指したい」と意気込んだ。11アンダーの岩井千怜(Honda)が単独首位。

CATレディース第2日、首位に4打差の通算7アンダーで4位に浮上した原英莉花【写真:Getty Images】
CATレディース第2日、首位に4打差の通算7アンダーで4位に浮上した原英莉花【写真:Getty Images】

CATレディース第2日

 女子ゴルフの国内ツアー・CATレディース第2日が20日、神奈川・大箱根CC(6638ヤード、パー72)で行われた。12位で出たツアー通算4勝の原英莉花(NIPPON EXPRESSホールディングス)は6バーディー、2ボギーの68で回り、通算7アンダーで首位と4打差の4位に浮上。スイングも「理想に近づいている」と明かし、最終日に向けて「優勝を目指したい」と意気込んだ。11アンダーの岩井千怜(Honda)が単独首位。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 距離が長く、フェアウェーが広い「飛ばし屋有利」のコースで、原が気持ち良くスコアを伸ばした。

「パー3で2つボギーを出しましたが、ロング(パー5)では、アプローチを寄せていい感じでバーディーを獲れたので伸ばせたかなと思います。パッティングでもカバーできました」

 昨季から悩まされてきた腰痛は、夏前から痛みが消えた。現在の体調は「めちゃめちゃ良いです」。スイングについても「少しずつ理想に近づいている気がするので、前向きに頑張りたいなと思います」と説明した。今季トップ10は5位だった5月のほけんの窓口レディースの1度のみ。昨年11月以来の優勝に向けて視界が広がってきたようだ。

 後半戦に向けて良い兆しかと問われると、「強気で優勝を目指して頑張りたいと思います」とコメント。「ドライバーショットが良ければ、ショートアイアンでグリーンを狙えるので、たくさんバーディーを狙って頑張りたいです」と話した。今季は不本意な成績が続いているだけに、原は「久しぶりに(優勝と)言いましたね。今年は言ってないかも。状態は段々と良くなっているので、気持ちを強く持ってやりたいです」と前を向いた。

(THE ANSWER編集部・柳田 通斉 / Michinari Yanagida)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集