[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

世界最強馬の蘇る衝撃 出遅れから7馬身差逆転、伝説レースの圧勝は「一日中見れる」

G1シリーズ真っ盛りの欧州競馬では、17日には英ヨーク競馬場で中距離王決定戦ともいえるインターナショナルステークス(3歳上、芝2050メートル)が行われる。過去には日本場も参戦例がある伝統レースだ。本番を前に英メディアが10年前に行われた世界最強馬の圧巻のレース動画を復刻。「信じられない」「一日中見ていられる」と海外ファンを再び熱狂させている。

フランケルの伝説の圧勝劇がファンを再び熱狂させている(写真は2010年撮影)【写真:Getty Images】
フランケルの伝説の圧勝劇がファンを再び熱狂させている(写真は2010年撮影)【写真:Getty Images】

2012年英インターナショナルSで7馬身差の圧勝劇が復刻

 G1シリーズ真っ盛りの欧州競馬では、17日には英ヨーク競馬場で中距離王決定戦ともいえるインターナショナルステークス(3歳上、芝2050メートル)が行われる。過去には日本場も参戦例がある伝統レースだ。本番を前に英メディアが10年前に行われた世界最強馬の圧巻のレース動画を復刻。「信じられない」「一日中見ていられる」と海外ファンを再び熱狂させている。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 スタートで出遅れ、後方からレースを進めたのはフランケルだ。最後の直線で大外に持ち出すと、ほぼ馬なりのまま先頭に取り付く。他馬が懸命に手綱をしごく中でも、鞍上の手はほとんど持ったまま動かず。外ラチ沿いから一気に抜け出すと最後だけ追い出し、2着のファーに7馬身差をつける圧勝劇だった。これでデビューからの連勝記録を13に伸ばし、G1レースも8連勝となった。

 英競馬番組「レーシングTV」公式ツイッターは「フランケルの話をするならば、これを話さないと失礼にあたる」との言葉を添え、衝撃的な伝説レースの動画を公開。ファンも「最高の馬」「信じられない」「言葉では言い表せられない」「人生で一度出会えるかどうかの馬」「色あせない」「一日中見ていられる」など、最強馬の圧巻のパフォーマンスに改めて酔いしれていた。

 歴史に残る圧勝劇が見られたのは2012年のレース。過去すべて1600メートル以下のレースに出走し、2着以下に大差をつける走りで怪物と称された12戦全勝のフランケルが1番人気だった。このレースがデビューから初めて2000メートル以上のレースにエントリーしたが、強さだけが際立つ内容だった。

 1972年に創設され、2000年以降はジャイアンツコーズウェイ、エレクトロキューショニスト、シーザスターズといった名馬たちが優勝馬として名を連ねるインターナショナルS。秋の凱旋門賞を占うレースとして、05年には日本からもゼンノロブロイが参戦して2着に入ったことでも注目を集めた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集