[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

高校3連覇から8年後に辿り着いた世界陸上 100m障害・福部真子「準決勝でもう一度…」

オレゴン世界陸上が23日(日本時間24日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで第9日が行われた。女子100メートル障害予選では、初出場の福部真子(日本建設工業)が12秒96(追い風0.5メートル)の5組4着(全体15番手)、青木益未(七十七銀行)が13秒12(向かい風0.4メートル)の6組5着(全体22番手)。日本初となる同一大会2人の準決勝進出を果たした。

世界陸上、女子100m障害で準決勝進出を決めた福部真子【写真:ロイター】
世界陸上、女子100m障害で準決勝進出を決めた福部真子【写真:ロイター】

オレゴン世界陸上

 オレゴン世界陸上が23日(日本時間24日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで第9日が行われた。女子100メートル障害予選では、初出場の福部真子(日本建設工業)が12秒96(追い風0.5メートル)の5組4着(全体15番手)、青木益未(七十七銀行)が13秒12(向かい風0.4メートル)の6組5着(全体22番手)。日本初となる同一大会2人の準決勝進出を果たした。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 福部が耐えた。メンバー紹介を受けると、笑みを浮かべた。右手を振ってスタンドへお辞儀。落ち着いていた。ピストル音が鳴り響く。序盤は体が浮き気味だったが、中盤に抑える走り。加速に入った。抜き足をハードルに当ててややバランスを崩したものの、3着に0秒02差の4着。世陸日本人初となる12秒台をマークした。

「緊張は全くなく、いつも通り楽しくいけました。10年前の世界ジュニアを経験させてもらっているので、懐かしい気持ちでした」

 広島皆実高時代にインターハイ3連覇を達成したが、日体大進学以降は伸び悩んだ。「肩書きとして『インターハイ3連覇の福部真子』とずっと言われる。それ以上の結果をあまり見てもらえない部分で凄く苦しかった」。大学3年まで自己ベストを更新できず、卒業後は環境を変えながら試行錯誤。26歳にして今年6月の日本選手権で初優勝を飾った。

「天才、天才と言っていただいてきたけど、それが凄く恥ずかしい時期もあった。でも、こうやって一歩、一歩前に進んで、苦しい時でも『次はどうしようか』とずっと考え続けてきた。たくさんのサポートの中で勝てた」

 涙を流した日本選手権から2週間。布勢スプリント予選で自身初の12秒台となる日本歴代3位の自己ベスト12秒93をマーク。滑り込みで初の世界陸上代表に選ばれた。この日は10年ぶりの世界の舞台に「あの時は世代の試合だったけど、トップの中のトップがいる雰囲気。鼓舞されました」と喜び。ウォーミングアップの時に世界の選手をチェックした。

「ハードリングの速い選手は12秒3~5台。ハードリングのキレが違う。12秒6~8台の選手はハードリングが上手いというよりスプリントがめちゃくちゃ速い。今の自分に足りないのはスプリント。私ももう少しスプリントが乗って来れば、12秒6くらいまではなんとか出せるかもしれない。何年かかるかわからないけど、難しい話じゃないのかなと思う」

 最低目標としていた準決勝進出を決めた。決勝進出なら日本人初。「悔しさがある。準決勝でもう一回挑めるので頑張りたい。決勝ラインが12秒6くらいになる。もちろん目指したい部分もあるけど、まずはパリ五輪に向けての位置づけにしているので、目指す中で12秒8台から7台でいければもう万々歳だと思います」と大一番を見据えた。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集