[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「セーフです~!」 100m障害・青木益未が準決進出に安堵「いつもなら、あぁ~と…」【世界陸上】

オレゴン世界陸上が23日(日本時間24日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで第9日が行われた。女子100メートル障害予選では、福部真子(日本建設工業)が12秒96(追い風0.5メートル)の5組4着(全体15番手)、青木益未(七十七銀行)が13秒12(向かい風0.4メートル)の6組5着(全体22番手)。日本初となる同一大会2人の準決勝進出を果たした。

世界陸上女子100m障害予選を通過し、笑顔の青木益未【写真:Getty Images】
世界陸上女子100m障害予選を通過し、笑顔の青木益未【写真:Getty Images】

オレゴン世界陸上

 オレゴン世界陸上が23日(日本時間24日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで第9日が行われた。女子100メートル障害予選では、福部真子(日本建設工業)が12秒96(追い風0.5メートル)の5組4着(全体15番手)、青木益未(七十七銀行)が13秒12(向かい風0.4メートル)の6組5着(全体22番手)。日本初となる同一大会2人の準決勝進出を果たした。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 青木が薄氷の予選通過だ。「2台目で当たった」。ハードルとの接触でバランスを崩す。ここから日本記録保持者の意地を見せた。「あそこからマイペースでしっかり走れた」と持ち直し、なんとか準決勝進出だ。取材エリアに現れると「セーフです~!」と安堵の笑み。「いつもならあのまま『あぁ~』となっていた。コンディションもよかったので、最後まで諦めずに前を追えた」と振り返った。

 28歳の青木は東京五輪で予選敗退(13秒59)。今年4月に日本記録12秒86を叩き出した。日本選手権では福部に敗れて2位。布勢スプリントでは12秒台を2本揃え、好調ぶりを見せていた。今大会は4×100メートルリレーにも1走として出場。組7着の予選敗退に終わったものの、43秒33で11年ぶりの日本記録更新に貢献した。

「若干、疲れもあってあまり動けていないけど、リレーを走っていい刺激になっていた。リレーを走っていたことで動けていた。準決勝は一番レベルが高くなる。決勝を目標にできるほどのレベルではないので、どこまで自分が競れるか感じられるレースにしたい」

 初出場の世界陸上。爪跡を残すハードリングを目指す。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集