[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

廣中璃梨佳、展開に泣いた1秒差予選落ち 終始先頭、後続に「出てほしいと思った」【世界陸上】

オレゴン世界陸上が20日(日本時間21日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで第6日が行われた。女子5000メートル予選では、21歳で初出場の廣中璃梨佳(日本郵政グループ)は15分02秒03の1組7着。予選通過ラインに1秒05届かない全体16番手だった。12位だった16日(同17日)の1万メートル決勝からの連戦を戦い抜いた。

世界陸上、女子5000メートルで予選落ちとなった廣中璃梨佳【写真:ロイター】
世界陸上、女子5000メートルで予選落ちとなった廣中璃梨佳【写真:ロイター】

オレゴン世界陸上

 オレゴン世界陸上が20日(日本時間21日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで第6日が行われた。女子5000メートル予選では、21歳で初出場の廣中璃梨佳(日本郵政グループ)は15分02秒03の1組7着。予選通過ラインに1秒05届かない全体16番手だった。12位だった16日(同17日)の1万メートル決勝からの連戦を戦い抜いた。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 廣中が勇敢に攻めた。レース前のメンバー紹介でカメラに映ると、満面の笑み。左胸の日の丸に指を差してアピールした。号砲直後から堂々と先頭に立つ。500メートルを1分27秒88で通過し、縦長の集団を引っ張った。2500メートル地点は7分28秒13。誰も前に出ようとしない展開だ。オレゴンの夕日を浴び、ペースが落ちても先頭だった。

 主導権を握れるが、風を受けてしまう位置。3800メートルまでトップを維持したが、徐々に失速した。6番手でラスト1周。残り1000メートルは力が残されていなかった。「1万メートルと同様、積極的に自分の走りをするつもりだった。先頭で進められてよかったけど、3000~4000メートルのきつくなるところでもっと粘りたかったのが率直な気持ち。ラスト1000メートルにいい形で繋げることができず、悔しい部分がある」と無念の予選落ちに唇を噛んだ。

 3000メートル以降も先頭だった展開には「暑さ、風を感じていたので、そういう面で温存したい気持ちが出てしまった。『先頭に出てほしいな』という気持ちがちょっと出て、ペースが落ちた」と説明。先頭を走らされ、消耗してしまった。「ラスト2周くらいからきつさが強くて、もがくような走りになった。(1万メートルから)疲労自体は抜けて、心身ともにリフレッシュした状態で臨めていた」と振り返った。

 東京五輪では5000メートルで日本記録14分52秒84を叩き出した。16日(同17日)の1万メートル決勝は12位。入賞こそならなかったが、自己ベスト&日本歴代2位の30分39秒71をマークしていた。2種目を戦った世界陸上は終戦。「こういう暑さでも14分台をコンスタントに出せるようにやりたい」と成長を誓った。

 同組の萩谷楓(エディオン)は15分53秒39の組14着で敗退。田中希実(豊田自動織機)が15分00秒21の2組9着となり、各組上位5着+5人のタイムで拾われ、23日(同24日)の決勝に2大会連続進出を決めた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集