[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子1500m失格劇に心温まる続報 転んだ選手&押した選手が記念撮影「この笑顔は…」【世界陸上】

現在、熱戦が繰り広げられる世界陸上(オレゴン)で友情の写真が生まれた。女子1500メートル準決勝で他選手を押して失格になったガイア・サバティーニ(イタリア)と、押されて途中棄権(救済により決勝進出)になった張本人のウィニー・ナニョンド(ウガンダ)が仲良く1枚の写真に納まった。

女子1500メートル準決勝で転倒したウィニー・ナニョンド【写真:ロイター】
女子1500メートル準決勝で転倒したウィニー・ナニョンド【写真:ロイター】

転倒したナニョンドがインスタ投稿「この笑顔は私たち2人に大きな意味がある」

 現在、熱戦が繰り広げられる世界陸上(オレゴン)で友情の写真が生まれた。女子1500メートル準決勝で他選手を押して失格になったガイア・サバティーニ(イタリア)と、押されて途中棄権(救済により決勝進出)になった張本人のウィニー・ナニョンド(ウガンダ)が仲良く1枚の写真に納まった。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 発端となったのは、16日(同17日)に行われた女子1500メートル準決勝第1組だった。

 ラスト1周、最終コーナーから直線に入った場面。5番手争いの密集で、最内を走っていたサバティーニが右の前にいたナニョンドを押すようにして進路を空けた。これでナニョンドは転倒。その外を走っていた田中希実も接触しかけ、外に膨らんだ。

 サバティーニが6番目、田中が7番目でゴール。途中棄権となったナニョンドは号泣し、レース後の取材で報道陣も声をかけられないほどだった。その後、サバティーニは失格となり、ナニョンドは救済措置により、一転して18日(同19日)の決勝進出となった。

 サバティーニのSNSには心無い中傷が寄せられていたが、決勝で8位だったナニョンドは20日(同21日)にインスタグラムを更新。1枚の写真を掲載した。

 選手宿舎の食堂とみられる場所で、別のイタリア選手とともにサバティーニとナニョンドが仲良く写真に納まったもの。投稿には「この笑顔は、私たち2人にとってとても大きな意味がある」と記し、サバティーニもハートの顔文字でコメント欄で返信している。

(画像はウィニー・ナニョンドのインスタグラムより)
(画像はウィニー・ナニョンドのインスタグラムより)

 アクシデントはあったものの、2人にわだかまりはなく、すっかりと打ち解けた様子。これからも同じ種目のライバルとして切磋琢磨していくだろう。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集