[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • なぜ、彼は転んだのか… 「やれやれ」な“珍転倒”が米話題「壮観なハッスルだ」

なぜ、彼は転んだのか… 「やれやれ」な“珍転倒”が米話題「壮観なハッスルだ」

米大リーグで走塁中に自分のヘルメットで転倒するという珍しいシーンが発生。しかも最後はアウトになってしまうという悲劇を「MLB Replay」が動画付きで公開し、MLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」は「壮観なハッスルだ」「見事な流れだ」と伝えている。

ブライス・ハーパー【写真:Getty Images】
ブライス・ハーパー【写真:Getty Images】

ナショナルズ主砲ハーパーが二塁手前でまさかの転倒劇「見事な流れだ」

 米大リーグで走塁中に自分のヘルメットで転倒するという珍しいシーンが発生。しかも最後はアウトになってしまうという悲劇を「MLB Replay」が動画付きで公開し、MLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」は「壮観なハッスルだ」「見事な流れだ」と伝えている。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 まさかの転倒劇で話題を呼んでしまったのは、ナショナルズの主砲、ブライス・ハーパー外野手だ。6日(日本時間7日)のレイズ戦、6-1で迎えた4回先頭の場面だった。

 カウント2-2と追い込まれながら、左腕ヤーブローが投じた外角に逃げるスライダーにうまくバットを乗せた。打ち上がった打球はレフト線にポトリ。深めに守っていた左翼手がチャージをかける間にハーパーは一塁を蹴って一気に二塁を狙った。タイミング的には十分に間に合う。だが、一塁を蹴るとヘルメットがゆらゆらと揺れ、そのまま体の後ろに落ちた。

 次の瞬間だった。落っこちたヘルメットが小気味良く回転させているかかとに直撃。まるでヒールでリフティングしたかのように蹴り上げたが、これでバランスを崩してしまった。そのままつんのめるようにして二塁ベース5メートルほど前で転倒。その隙に送球が二塁に渡り、なんとかタッチをかいくぐって今度は自分の意思で頭からベースに突っ込んだ。

1 2 3
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー