[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 何度でも見たくなる? SNS映えの“魔球ナックル”が再生230万超の大反響

何度でも見たくなる? SNS映えの“魔球ナックル”が再生230万超の大反響

米大リーグで投じられた魔球のようなナックルの反響が広がっている。捕手も“空振り”で捕れないほどの変化量を見せた1球をMLBがスロー動画でSNSに公開したが、1日あまりで再生回数は230万回を突破。「100回以上見たよ」とコメントがつけられるなど、驚きは拡大している。

スティーブン・ライト【写真:Getty Images】
スティーブン・ライト【写真:Getty Images】

Rソックス右腕ライトの1球が反響拡大、「100回以上見たよ」の声も

 米大リーグで投じられた魔球のようなナックルの反響が広がっている。捕手も“空振り”で捕れないほどの変化量を見せた1球をMLBがスロー動画でSNSに公開したが、1日あまりで再生回数は230万回を突破。「100回以上見たよ」とコメントがつけられるなど、驚きは拡大している。

【特集】第二の内村航平、白井健三を「逆立ち女子」が“街の子ども”に体操を教える理由 / 体操 岡部紗季子さんインタビュー(GROWINGへ)

 何度でも見たくなるのかもしれない。圧巻の1球の反響が広がっているのは、レッドソックスの右腕、スティーブン・ライトだ。

 5日(日本時間6日)のタイガース戦。5回1死、右打者イグレシアスと対峙し、宝刀を振り抜いた。放たれた白球は全くの無回転で、一度は浮いたような軌道を描いた。真ん中高めかと思われたコースに打者はバットを出す。しかし、直後、急ブレーキをかけるように外角へ逃げた。あまりの変化量に対応できず、あえなくバットは空を切った。

 しかし、“空振り”したのは打者だけではなかった。サインを出していた捕手のバスケスもミットを伸ばし、捕球を試みたが及ばない。ボールを触ることすらできず、後ろに逸らしてしまったのだ。結局、こぼれたボールをすぐに処理して一塁へ送球し、振り逃げは防いだが、ライトが投じた1球は、打者どころか捕手も泣かせる魔球だった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー