[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

佐々木朗希、衝撃の1イニング4奪三振に野球ファン仰天「異次元すぎ」「15球で4Kとは」

ロッテの佐々木朗希投手が1日の楽天戦(ZOZOマリン)に先発登板。初回に1イニング4奪三振をマークした。史上26人目の記録達成の瞬間をスポーツチャンネル「DAZN」公式ツイッターが公開。驚いたファンも「15球で4奪三振はえげつない」「36奪三振ペース」などと投稿していた。

ロッテの佐々木朗希【写真:編集部】
ロッテの佐々木朗希【写真:編集部】

楽天戦の初回に記録

 ロッテの佐々木朗希投手が1日の楽天戦(ZOZOマリン)に先発登板。初回に1イニング4奪三振をマークした。史上26人目の記録達成の瞬間をスポーツチャンネル「DAZN」公式ツイッターが公開。驚いたファンも「15球で4奪三振はえげつない」「36奪三振ペース」などと投稿していた。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 開始からたった15球で快記録をマークした。初回先頭の西川を三球三振とするも、フォークがワンバウンドとなり振り逃げに。アンラッキーな形で出塁を許したが、続く小深田も145キロのフォークで三球三振に仕留め、浅村は1-2からスライダーで空振り三振。4番島内には2-2から内角低めに160キロ速球をズバリと決め、見逃し三振。1イニング4奪三振をマークした。

 これがプロ野球史上26人目の記録。記録達成の瞬間をDAZN公式ツイッターが公開し、「令和の怪物が早速魅せる 1イニング4奪三振」と文面に記した。ツイッター上では「異次元すぎて草」「日に日にバケモンになってる」「記録を全て塗り替えようとする令和の怪物」「1試合36奪三振ペース」「15球で4奪三振はエゲツない」などと衝撃を受けたコメントが書き込まれていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集