[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「むちゃくちゃ緊張した」 関西学生女王・壹岐あいこ、世陸リレー代表へ100m決勝進出

7月のオレゴン世界陸上の代表選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権は10日、大阪・ヤンマースタジアム長居で第2日が行われている。東京五輪4×100メートルリレー補欠の21歳・壹岐あいこ(立命大4年)は、9日の女子100メートル準決勝を全体8番手のタイムで通過。決勝の巻き返しを誓った。

日本選手権、女子100メートル準決勝を全体8番手で通過した壹岐あいこ(中央)【写真:奥井隆史】
日本選手権、女子100メートル準決勝を全体8番手で通過した壹岐あいこ(中央)【写真:奥井隆史】

陸上・日本選手権

 7月のオレゴン世界陸上の代表選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権は10日、大阪・ヤンマースタジアム長居で第2日が行われている。東京五輪4×100メートルリレー補欠の21歳・壹岐あいこ(立命大4年)は、9日の女子100メートル準決勝を全体8番手のタイムで通過。決勝の巻き返しを誓った。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 壹岐は予選は11秒69(無風)の組1着、準決勝は11秒71(向かい風0.7メートル)の組3着、全体8番手のタイムでなんとか決勝に進出した。息を切らしながら「むちゃくちゃ緊張してあまり覚えていないけど、着実に決勝に進むことができたのはよかった」と振り返った。

 2020年は関西インカレ200メートルで優勝し、100メートルでは日本インカレ2位に入った実績を持つ。昨年の日本選手権は100メートルで2位、200メートルは4位。昨夏から右膝痛を抱え、冬場は接地の強さを意識したり、筋力アップを重点的にしたりしてきた。今季は昨年優勝した5月1日の静岡国際で自己ベスト23秒62をマーク。「秋シーズンや日本選手権でも出せれば本物」とレベルアップを図ってきた。

 同8日のセイコーゴールデングランプリ(GGP)は200メートルで23秒95(向かい風0.1メートル)の6位。同26日の関西インカレは100メートルを11秒95(向かい風1.1メートル)で初優勝。4×100メートルリレーでも優勝に貢献し、2冠に輝いた。

「膝はだいぶマシにはなったけど、左ハムストリングも若干痛い。でも、レースに影響があるかというと、う~ん……という感じなので、言い訳をせずに決勝で戦うためにしっかり準備したい。自分らしい後半に伸びのある走りをしたい」

 11日からの200メートルにもエントリー。まずは10日午後8時15分からの100メートル決勝で上位に入り、世界陸上のリレー代表を狙う。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集