[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

100m元高校生女王の21歳・御家瀬緑 3年ぶり自己新で完全復活へ「やっとここまで…」

7月のオレゴン世界陸上の代表選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権は10日、大阪・ヤンマースタジアム長居で第2日が行われている。2019年女子100メートル女王の21歳・御家瀬緑(住友電工)は、9日の同種目準決勝を全体トップ通過。10日午後8時15分からの決勝では、3年ぶり2度目の優勝で完全復活を狙う。

日本選手権、女子100メートルでトップ通過を決めた御家瀬緑【写真:奥井隆史】
日本選手権、女子100メートルでトップ通過を決めた御家瀬緑【写真:奥井隆史】

陸上・日本選手権

 7月のオレゴン世界陸上の代表選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権は10日、大阪・ヤンマースタジアム長居で第2日が行われている。2019年女子100メートル女王の21歳・御家瀬緑(住友電工)は、9日の同種目準決勝を全体トップ通過。10日午後8時15分からの決勝では、3年ぶり2度目の優勝で完全復活を狙う。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 力強い走りの御家瀬が戻ってきた。予選を11秒54(向かい風0.8メートル)の組1着で通過。準決勝も熾烈な争いから抜け出し、自己ベストに並ぶ11秒46(追い風0.6メートル)の全体トップで決勝進出を決めた。

「今日のコンディションなら40台が出てもよかった。完璧じゃないし、フワフワした感じがある。いい刺激が入りました。流れ気味だったけど、しっかり調整できた。想定通りのレースパターンです」

 2019年大会では、100メートルで29年ぶりの高校生女王に。福島千里に続く「逸材」と呼ばれ、一躍注目を浴びた。北海道・恵庭北高卒業後、上京して住友電工陸上競技部入り。20年3月から東京五輪を見据えて新生活を始めたが、コロナ禍の影響で練習施設が閉鎖されるなど苦労した。

 それでも、徐々に本来の姿を取り戻した。自己ベスト9秒98の小池祐貴ら所属先の先輩のもとで試行錯誤。米国遠征でも走りを磨き、今年4月の織田記念国際は11秒79(向かい風0.7メートル)で復活優勝を遂げた。今大会は19年9月以来の自己ベストタイ。「(11秒46は)高3の時以来2回目です。やっとこのタイムまで来た。でも、あの時よりは余裕がある」。3年ぶりの更新に確かな手応えがある。

 決勝で立ちはだかるのは、2連覇中の兒玉芽生(ミズノ)。御家瀬は「メンタル勝負。自分のレーンだけを見て走ります。しっかり優勝争いできる走りをする。タイムは条件がよければ狙いたい」と気合を入れた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集