[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、米専門メディアの最新PFPでもごぼう抜き2位と高評価「まさに別格のパンチ」

ボクシングのWBAスーパー&IBF&WBC世界バンタム級3団体統一王者・井上尚弥(大橋)。7日に難敵ノニト・ドネアを2回TKOで下し、夢の4団体統一に前進した。モンスターの快勝劇を受け、米専門メディア「ワールドボクシングニュース(WBN)」は独自選出のパウンド・フォー・パウンド(PFP)最新版を公開。「まさに別格のパンチ」と絶賛し、5位からごぼう抜きのジャンプアップで2位に選出されている。

ノニト・ドネアを下したWBAスーパー&IBF&WBC世界バンタム級3団体統一王者・井上尚弥【写真:荒川祐史】
ノニト・ドネアを下したWBAスーパー&IBF&WBC世界バンタム級3団体統一王者・井上尚弥【写真:荒川祐史】

米専門メディアが独自PFPを公開

 ボクシングのWBAスーパー&IBF&WBC世界バンタム級3団体統一王者・井上尚弥(大橋)。7日に難敵ノニト・ドネアを2回TKOで下し、夢の4団体統一に前進した。モンスターの快勝劇を受け、米専門メディア「ワールドボクシングニュース(WBN)」は独自選出のパウンド・フォー・パウンド(PFP)最新版を公開。「まさに別格のパンチ」と絶賛し、5位からごぼう抜きのジャンプアップで2位に選出されている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 2019年の前回対戦で、井上は12ラウンドの死闘の末、ドネアに判定勝利。再戦では僅か264秒で決着をつけた。WBNは「まさに別格のパンチ ナオヤ・イノウエがPFPで2位に浮上する」とのタイトルで特集。全階級のボクサーを格付けしたPFPの6月版も公開した。

 5月は5位だった井上だが、強敵ドネア相手に見せた圧倒的な強さが高評価された。世界スーパーミドル級で4団体統一したカネロことサウル・アルバレス、世界ウェルター級3団体統一王者のエロール・スペンスJr.、WBC世界ヘビー級王者のタイソン・フューリー(英国)という猛者をごぼう抜きし、2位にジャンプアップ。元世界クルーザー級4団体統一王者で、世界ヘビー級3団体統一王者のオレクサンドル・ウシク(ウクライナ)が1位となっている。

 記事では「ザ・モンスターはフィリピンの閃光にダメージを与え、罰したことで、この階級でさらなるベルトを手に入れ、これまで以上に重大な存在に見えている」と称されている。井上は米スポーツ専門局「ESPN」の最新PFPでも2位と高評価されている。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集