[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

V2を飾った走り幅跳び女王・秦澄美鈴 憧れの世界陸上代表は「祈ることしかできない」

7月のオレゴン世界陸上の代表選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権が9日、大阪・ヤンマースタジアム長居で開幕した。女子走り幅跳び決勝では、26歳の秦澄美鈴(シバタ工業)が6メートル43(向かい風2.5メートル)で2年連続3度目の優勝を果たした。初の世界陸上出場へ、参加標準記録6メートル82には届かなかったが、ワールドランキングによる代表入りに前進した。

日本選手権、女子走り幅跳び決勝で連覇した秦澄美鈴【写真:奥井隆史】
日本選手権、女子走り幅跳び決勝で連覇した秦澄美鈴【写真:奥井隆史】

陸上・日本選手権

 7月のオレゴン世界陸上の代表選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権が9日、大阪・ヤンマースタジアム長居で開幕した。女子走り幅跳び決勝では、26歳の秦澄美鈴(シバタ工業)が6メートル43(向かい風2.5メートル)で2年連続3度目の優勝を果たした。初の世界陸上出場へ、参加標準記録6メートル82には届かなかったが、ワールドランキングによる代表入りに前進した。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 秦が勝ち切った。1回目に6メートル27(追い風1.5メートル)をマーク。着地後に笑みを浮かべ、2回目は6メートル36(向かい風0.9メートル)を跳んだ。3回目はこの日最高の6メートル43。このまま連覇を飾った。

 女王の座を守り抜いたものの、目指していた参加標準記録には届かず。喜びより悔しさが上回った。

「運が悪いというか、向かい風がきつかった。思い通りの跳躍をさせてもらえなかった。コントロールできるものではないし、コントロールできることに集中しようと思った。いい1本が出ずに悔しい気持ちです。1本目で少し記録を残してしまい、守りに入る跳躍をしてしまった。そのあとちょっとずつ記録を伸ばしていけたらよかったけど、自分の動きと風の動きを合わせられず、6本目まで終わってしまった」

 大阪・八尾市出身で、169センチの長身。16歳から陸上を始め、走り高跳びでインハイに出場すると、大学で走り幅跳びに取り組み始めた。本格転向後は19年に6メートル45をマーク。同年日本選手権で初優勝を遂げると、昨年4月に6メートル65(追い風1・1メートル)で自己ベストを一気に20センチ更新した。

 今季は4月24日の兵庫リレーカーニバルで6メートル60(追い風1.8メートル)、5月1日の木南記念は6メートル43(向かい風0.6メートル)でともに優勝。同8日のセイコー・ゴールデングランプリも6メートル63(追い風0.5メートル)を跳んで制した。東京五輪は出られなかったが、世界の舞台を諦めずに戦っている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集