[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥に敗れたドネア、気になる進退に父が言及「彼次第だが…戦ってほしくない」

ボクシングのWBAスーパー&WBC&IBF世界バンタム級王座統一戦で井上尚弥(大橋)に2回TKO負けした39歳のノニト・ドネア(フィリピン)。進退にも注目が集まる中、母国紙がドネアの父のコメントを紹介。「もう戦ってほしくない」と正直な心の内を明かしている。

井上尚弥に左のボディを繰り出すノニト・ドネア【写真:荒川祐史】
井上尚弥に左のボディを繰り出すノニト・ドネア【写真:荒川祐史】

アラムCEOは「もはやイノウエのレベルにはない」

 ボクシングのWBAスーパー&WBC&IBF世界バンタム級王座統一戦で井上尚弥(大橋)に2回TKO負けした39歳のノニト・ドネア(フィリピン)。進退にも注目が集まる中、母国紙がドネアの父のコメントを紹介。「もう戦ってほしくない」と正直な心の内を明かしている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 フィリピン紙「ビジネス・ミラー」は「ドネアSr.は、イノウエに2回TKO負けした息子に引退してほしい」との見出しで記事を掲載。ドネアの父である、ノニト・ドネアSr.氏は「これは彼次第だ」と前置きしながら「彼にはもう戦ってほしくない。でも決断は、彼とレイチェルとともにするよ」と心中を吐露したという。息子の敗因については「序盤に殴り合いを演じてしまったこと」を挙げていた。

 1回に強烈な右ストレートを左テンプルに食らったドネア。2回も宝刀左フックを繰り出す場面こそあったものの、井上の猛ラッシュに2度目のダウンを喫して敗れた。記事によると、ドネアSr.氏は息子とはすでに話した模様。メディカルチェックをしなければいけなかったものの、ドネアは大丈夫だったそうだ。ドネアSr.氏は「良い戦略とともに良いトレーニングが積めていれば自分は恐がらないよ」とも語った。

 記事では、米興行大手・トップランク社のボブ・アラムCEOのコメントも紹介。ドネアについて「ノニトはいまだ健在だが、もはやイノウエのレベルにはないんだ」「彼は良い選手。競争力もある。でも自分からのアドバイスは一つ。イノウエを避けることだね」と語った。また、井上についても「軽い階級では今まで見た中で最強。彼が準備できていれば誰も倒せないよ」と絶賛していた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集