[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

稲見萌寧、今季初優勝の裏で演じた超美技 “目玉バンカー”から「全能力を使った感じ」

女子ゴルフの国内ツアー、リシャール・ミル ヨネックスレディスは5日、新潟・ヨネックスCC(6475ヤード、パー72)で最終日が行われた。単独首位で出た昨季賞金女王の稲見萌寧(Rakuten)が3バーディー、2ボギーの71で回り、通算7アンダーで逃げ切って今季14戦目で初優勝。昨年11月の伊藤園レディス以来のツアー通算11勝目を完全Vで飾った。試合後の会見では、大ピンチを脱出した16番を「一番大きかった」とこの日のハイライトに挙げた。

最終18番でウィニングパットを沈め、ガッツポーズする稲見萌寧【写真:Getty Images】
最終18番でウィニングパットを沈め、ガッツポーズする稲見萌寧【写真:Getty Images】

リシャール・ミル ヨネックスレディス最終日

 女子ゴルフの国内ツアー、リシャール・ミル ヨネックスレディスは5日、新潟・ヨネックスCC(6475ヤード、パー72)で最終日が行われた。単独首位で出た昨季賞金女王の稲見萌寧(Rakuten)が3バーディー、2ボギーの71で回り、通算7アンダーで逃げ切って今季14戦目で初優勝。昨年11月の伊藤園レディス以来のツアー通算11勝目を完全Vで飾った。試合後の会見では、大ピンチを脱出した16番を「一番大きかった」とこの日のハイライトに挙げた。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 稲見はダブルボギーを覚悟した。優勝に向け、ひた走る16番パー3。ティーショットをグリーン右のバンカーに打ち込み、ボールが半分埋まった目玉状態に。ピンまでおよそ25ヤード。「もう一度、バンカーでもおかしくない。なんとか前に出そう」。キャディーと相談し、「やるしかない」と覚悟を決めて52度のウェッジを握った。

「ちょっとだけ開いて、上からバーンという感じ」

 そんな感覚で放った一打はしっかりと前に飛び、グリーンに乗るとピンまで3メートルへ。本人も驚きの表情を浮かべたスーパーショット。「凄く目玉になっていたし、想像以上。出来すぎという感じです」。上りのスライスだったが、しっかりとパットも沈めた。「思った通りに打たないと入らないライン。ダボにならないようにと考えていたらパーに。今日の中では一番大きかったし、(自分の)全能力を使った感じ」と笑顔で振り返った。

「去年たくさん活躍できたからこそ、今年頑張らないといけない想いがあった。そこで1勝目が挙げられて、ほっとしてます」

 20-21年シーズンは9勝(20年1勝、21年8勝)を挙げ、賞金女王を獲得。21年東京五輪では銀メダルを獲得した。しかし、昨季終盤から腰痛に悩まされ、今季はトレーナーを変更してシーズン入り。複数回変更した末、昨季までのトレーナーと再契約。5月は3位、3位、2位。前週は21位だったが、徐々に調子を上げていた。

 今季14戦目でようやくつかんだ今季初優勝。勝負所で見せたスーパーショットが歓喜を手繰り寄せた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集