[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

MLBで野手登板が審判に認められなかった意外な理由 米話題「オオタニはどうなるの?」

米大リーグで珍しいルールに注目が集まっている。ドジャースは4日(日本時間5日)に本拠地でメッツと対戦。5点ビハインドの9回、野手をマウンドに送ろうとしたが、審判に認められなかった。「6点以上の点差が無いと野手は登板できない」と説明があり、米識者は「正直に言う。誰がこんなルール知ってた?」と問いかけている。

ドジャースはザック・マッキンストリーの登板が認められなかった【写真:Getty Images】
ドジャースはザック・マッキンストリーの登板が認められなかった【写真:Getty Images】

5点ビハインドのドジャース、9回の野手登板を認められず

 米大リーグで珍しいルールに注目が集まっている。ドジャースは4日(日本時間5日)に本拠地でメッツと対戦。5点ビハインドの9回、野手をマウンドに送ろうとしたが、審判に認められなかった。「6点以上の点差が無いと野手は登板できない」と説明があり、米識者は「正直に言う。誰がこんなルール知ってた?」と問いかけている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 ドジャースは9回、4-9と5点ビハインドの状態で“白旗”。内野手登録のザック・マッキンストリーをマウンドに上げようとした。しかし、野手は6点以上の点差がないと登板できないとして、審判団は登板を認めず。審判からも客席に説明があった。このルールを知らなかったドジャースベンチはエバン・フィリップスをマウンドに送ったが、肩を作る時間を与えられるなど10分以上の遅延が生じた。

 意外なルールの存在に米識者は困惑した。米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のアナリスト、ベン・バーランダー氏は自身のツイッターで「正直に言う。誰がこんなルール知ってた?」と記した。「じゃあ、オオタニはどうなるの?」と質問したフォロワーに対しては「ショウヘイは二刀流登録なので、そのルールには適用されない」とエンゼルスの大谷翔平投手は例外であることを説明した。

 急遽登板したフィリップスは無失点の好投。しかし、その裏のドジャースも無得点に終わり、4-9のまま試合は終了した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集