[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

稲見萌寧「本当に大きい初優勝」 不調乗り越え、14戦目でやっと「今年も勝てるか凄く不安で…」

女子ゴルフの国内ツアー、リシャール・ミル ヨネックスレディスは5日、新潟・ヨネックスCC(6475ヤード、パー72)で最終日が行われた。単独首位で出た昨季賞金女王の稲見萌寧(Rakuten)が3バーディー、2ボギーの71で回り、通算7アンダーで逃げ切って今季14戦目で初優勝。昨年11月の伊藤園レディス以来のツアー通算11勝目を完全Vで飾った。

通算7アンダーで逃げ切り、今季14戦目で初優勝を飾った稲見萌寧【写真:Getty Images】
通算7アンダーで逃げ切り、今季14戦目で初優勝を飾った稲見萌寧【写真:Getty Images】

リシャール・ミル ヨネックスレディス最終日

 女子ゴルフの国内ツアー、リシャール・ミル ヨネックスレディスは5日、新潟・ヨネックスCC(6475ヤード、パー72)で最終日が行われた。単独首位で出た昨季賞金女王の稲見萌寧(Rakuten)が3バーディー、2ボギーの71で回り、通算7アンダーで逃げ切って今季14戦目で初優勝。昨年11月の伊藤園レディス以来のツアー通算11勝目を完全Vで飾った。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 女王が、久しぶりにこの場所に帰ってきた。表彰式の優勝スピーチ。稲見は満面の笑みで喜びの声を上げた。

「昨年、8勝という自分でもびっくりすることを達成できて、今年も勝てるかなって凄く不安だった。なかなか勝てないんじゃないかと、ちょっと弱気になっていた部分もあった。本当に大きい初優勝。それを有観客で、皆さんの前で掲げることができて本当にうれしい。次の目標は複数回優勝。これからもっともっと盛り上げていけるように頑張っていきたい」

 2位に2打差で出た最終日は、前半4、5番で連続バーディー。5番パー4ではピンに直撃し、あと少しでチップインイーグルというスーパーショットも放った。2つスコアを伸ばし、サンデーバックナインに突入。10番パー4でボギーを叩いたものの、大崩れせず、12番パー4でバーディーを取り返した。

 前日には「今年初めてトップ(で最終日)なので、この2打差を縮められないように、差を広げられるように頑張りたい」と意気込んでいたが、安定感のあるゴルフで逃げ切り。7か月ぶりとなる優勝を掴んだ。最終18番でウィニングパットを沈めた稲見は笑みをこぼし、同組だった勝みなみらとハグを交わした。

 稲見は統合で行われた20-21年シーズンに9勝(20年1勝、21年8勝)を挙げ、初の賞金女王を獲得。21年東京五輪では銀メダルを獲得した。しかし、昨季終盤から腰痛に悩まされ、今季はトレーナーを変更してシーズン入り。複数回変更した末、昨季までのトレーナーと再契約。5月は3位、3位、2位。前週は21位だったが、徐々に調子を上げ、今季14戦目でようやく今季初優勝を飾った。

 2位は5アンダーの藤田さいき、岩井千怜。4位は4アンダーで石井理緒、菅沼菜々、高橋彩華、穴井詩、吉田優利の5人が並んだ。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集