[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“宇野ヘディング事件”より痛い…頭部直撃の中堅手に米笑撃「子供たち、目を離すな」

日本で“伝説”の珍プレーを彷彿とするシーンが米大学野球で生まれた。NCAA(全米大学体育協会)のウェイクフォレスト大が3日(日本時間4日)にコネチカット大と対戦。中堅手が頭部に大飛球を受けてしまった。米メディアが動画付きで記事を掲載。「子どもたち、打球から目を離してはいけない」と注目している。

日本で“伝説”の珍プレーを彷彿とするシーンが米大学野球で生まれた(画像は「バーストゥール・スポーツ」公式ツイッターのスクリーンショットより)
日本で“伝説”の珍プレーを彷彿とするシーンが米大学野球で生まれた(画像は「バーストゥール・スポーツ」公式ツイッターのスクリーンショットより)

大飛球が中堅手の頭部直撃、米ファン「最も恥ずかしいプレー」「10点中10点だ」

 日本で“伝説”の珍プレーを彷彿とするシーンが米大学野球で生まれた。NCAA(全米大学体育協会)のウェイクフォレスト大が3日(日本時間4日)にコネチカット大と対戦。中堅手が頭部に大飛球を受けてしまった。米メディアが動画付きで記事を掲載。「子どもたち、打球から目を離してはいけない」と注目している。

【特集】偉業を後押しした心の支え 金メダリストが感謝する応援のチカラ / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 痛いプレーが生まれた。2-5の7回1死走者なし。ウェイクフォレスト大の中堅手ピアス・ベネットは、後方への大飛球を追いかけた。ゆっくりと下がり、フェンスに背中から衝突。バランスを崩した直後、打球が頭部に降ってきた。跳ね返ったボールは左中間へ。転々とする間に打者は三塁まで進んだ。

 日本では元中日・宇野勝氏の“ヘディング事件”が有名。しかし、当時は遊撃後方のポップフライだっただけに、バックスリーン手前まで飛んだ今回は痛みがより大きかったかもしれない。米メディア「バーストゥール・スポーツ」はこの珍プレーの動画付きで記事を掲載。「子どもたちよ、打球から目を離してはいけない」「痛めたのは自尊心だけだと良いのだが」とユーモアをまじえて報じた。

 動画を公開した同メディアの公式ツイッターには、コメントが寄せられた。「大爆笑」「これは必見」「痛い!」「ごはんを吹き出してしまった」「サングラスも壊れたな」「最も恥ずかしいプレー」「10点中10点だ」と米ファンに笑撃を走らせたようだ。チームはこの回2失点。8回に4点を返したが、7-8で惜敗した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集