[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥撃破でも「驚かない」 “ドネアに勝った男”が持論「イノウエは本物だが…」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)が、6月7日にさいたまスーパーアリーナでWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)と3団体王座統一戦(Amazon プライム・ビデオで独占生配信)を行う。多くの海外メディアでも試合に向けた記事が掲載される中、かつてドネアに勝った男は「衝撃の試合となっても俺は驚かない」と語っている。

3日の会見で対面した井上尚弥(左)とノニト・ドネア【写真:浜田洋平】
3日の会見で対面した井上尚弥(左)とノニト・ドネア【写真:浜田洋平】

「6.7」井上尚弥VSドネア、カール・フランプトンが持論

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)が、6月7日にさいたまスーパーアリーナでWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)と3団体王座統一戦(Amazon プライム・ビデオで独占生配信)を行う。多くの海外メディアでも試合に向けた記事が掲載される中、かつてドネアに勝った男は「衝撃の試合となっても俺は驚かない」と語っている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 米ボクシング専門メディア「ボクシングシーン.com」は「フランプトンはドネアがイノウエに衝撃を与えても驚かないという」の見出しで記事を掲載。スーパーバンタム級とフェザー級で世界2階級制覇を果たしたカール・フランプトン氏(英国)のコメントを報じた。

「アイルランドボクシング界のレジェンドはかつての対戦相手(ドネア)のことを今では友人、そして『ボクシング界のベンジャミン・バトン』と呼んでいる」

 フランプトン氏は、2018年4月のWBO世界フェザー級暫定王座決定戦でドネアに判定勝ち。39歳にして第一線で活躍するかつてのライバルを独特の表現で伝えた。今回の再戦については「イノウエは素晴らしい選手。ノニトにとってカギになるのは彼についていき、少しのパンチなら我慢していくことだ」と提言。海外大手ブックメーカーのオッズでも井上優位の見方が強いが、ドネア勝利の可能性を口にしている。

「イノウエは本物のパワーを持っている。だけど、ドネアだって負けていない。打たれても打ち返す力を持っている。衝撃の試合となっても俺は驚かない。ドネアなら第1戦から学び、調整してくるはずだ。彼は長い間、この競技に身を置いてきたのだから」「彼はボクシング界のベンジャミン・バトンだ。年齢を重ねるごとに強くなっているというのは言い過ぎかもしれないが、長い間クオリティーを保っている」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集