[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、ドネア戦は「通過点」 目標は4団体統一、ドネアは対照的「キャリア最大の一戦」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)が、6月7日にさいたまスーパーアリーナでWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)と3団体王座統一戦(Amazon プライム・ビデオで独占生配信)を行う。3日は神奈川・横浜市内のホテルで両者が会見。ついに対面を果たし、意気込みを語った。戦績は29歳の井上が22勝(19KO)、39歳のドネアが42勝(28KO)6敗。

会見に出席し、ついに対面を果たした井上尚弥(左)とノニト・ドネア【写真:浜田洋平】
会見に出席し、ついに対面を果たした井上尚弥(左)とノニト・ドネア【写真:浜田洋平】

「6.7」井上尚弥VSドネア、再戦へ両者が会見

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)が、6月7日にさいたまスーパーアリーナでWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)と3団体王座統一戦(Amazon プライム・ビデオで独占生配信)を行う。3日は神奈川・横浜市内のホテルで両者が会見。ついに対面を果たし、意気込みを語った。戦績は29歳の井上が22勝(19KO)、39歳のドネアが42勝(28KO)6敗。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 会見は緊張感が漂った。壇上に上がった井上は、先に着席していたドネアと軽く会釈。マイクを握り「2年7か月ぶりに再戦が決まり、非常にワクワクしている。目の前に3本のベルトが並ぶとよりモチベーションが高まる」とコメント。「一度手を合わせている。どんな戦いになるのか、自分もファンもみんな楽しみな日になる。自分はそう思います」とし、こう続けた。

「ここまで来たらやるべきことは試合に向けてイメージをより高めて気持ちを上げていくこと。やることは少ない。イメージをより高くして当日を迎えたい。4団体統一に向けて大事な試合。その目標に向けて通過点にしかすぎない一戦だと思う」

 井上の隣に座ったドネアは「今は感謝の気持ちでいっぱい。再戦が決まり、その日を迎える。井上が受けてくれたこと、温かく迎えてくれたこと全てに感謝します。自信に満ち溢れています」と心境を吐露。落ち着いた表情で「今まさに大変モチベーションが高い状態。あと4日間、同じ気持ちでいる。瞑想する時に私が統一王者、チャンピオンだと念じている。その気持ちで試合を迎えたい」と語り、こう続けた。

「今はモチベーションが高く、たくさんの想いがあるけど、これこそが私のキャリア最大の一戦になる。これに勝ってまだ達成していない4団体統一王者に近づける。意味合いは大きい試合」

 2019年11月7日のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝以来の再戦。当時は井上が判定勝ちし、多くの海外メディアから「年間最高試合」に選ばれた。井上は昨年6月に米ラスベガスで防衛戦を行い、視察に訪れていたドネアと対面。固い握手を交わすなど、リスペクトし合う両者の関係性が話題を集めていた。

 試合はAmazon プライム・ビデオにて「Prime Video presents Live Boxing」の第2弾として独占ライブ配信される。日本のプライム会員は追加料金なしで視聴可能。第1弾では、4月9日のWBA世界ミドル級スーパー王者・村田諒太(帝拳)とIBF王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)の王座統一戦が独占生配信され、大きな反響を集めた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集