[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

8連敗エンゼルスに不運 ゲッツー阻止の“邪魔者”出現に米嘆き「なに笑ってるんだよ」

米大リーグ・エンゼルスの併殺奪取を阻止した“邪魔者”に注目が集まっている。2日(日本時間3日)のヤンキースとのダブルヘッダー第1戦。併殺を完成させようとしたが、打球が塁審に当たり、内野安打となる事態に。米ファンからは「野球の神様が見放している」「審判なに笑ってるんだよ」などの声が集まっている。

エンゼルスの二塁手ルイス・レンヒーフォ【写真:ロイター】
エンゼルスの二塁手ルイス・レンヒーフォ【写真:ロイター】

併殺を取れる打球が二塁塁審に当たり、内野安打に

 米大リーグ・エンゼルスの併殺奪取を阻止した“邪魔者”に注目が集まっている。2日(日本時間3日)のヤンキースとのダブルヘッダー第1戦。併殺を完成させようとしたが、打球が塁審に当たり、内野安打となる事態に。米ファンからは「野球の神様が見放している」「審判なに笑ってるんだよ」などの声が集まっている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 エンゼルスを不運が襲った。0-5と5点を追う5回1死一塁の場面。相手打者トレビノが、二塁手レンヒーフォの正面へゴロを放った。4-6-3で併殺が完成……と思われたシーンだったが、予想外の“邪魔者”が阻止した。二塁塁審クリス・グッチオーネ氏だ。避けようとするも、打球は腰に直撃。勢いの死んだ打球は、併殺どころか内野安打となってしまった。

 立ち上がったグッチオーネ氏は両手でサムアップして、無事をアピール。本拠地のヤンキースファンは併殺を防いでくれた同氏に拍手を送った。このシーンを米地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」のエンゼルス番のジェフ・フレッチャー記者が「これは併殺打になるはずだった」などと文面につづって自身のツイッターに公開した。

 この投稿に対し、米ファンからは「野球の神様が見放している」「内野安打になることが理解できない」「運が無いな」「審判なに笑ってるんだよ」「笑った」「審判に当たったらファウルにすべき」などの反響が寄せられた。

 エンゼルスはこの回1点を失い、結局1-6で敗れて7連敗となった。この試合に「2番・投手兼DH」として出場した大谷翔平投手は打者として5打数1安打、投手としては3本塁打を浴びるなど3回8安打4失点だった。第2戦にも「2番・DH」で出場し、3打数無安打1四球。エンゼルスはこの試合も1-2と逆転負けし、泥沼の8連敗を喫している。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集