[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 右翼から162キロの衝撃! ヤ軍大砲の“鬼肩レーザー”に米驚愕「美しい100マイル」

右翼から162キロの衝撃! ヤ軍大砲の“鬼肩レーザー”に米驚愕「美しい100マイル」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)の敵地ヤンキース戦に「5番・DH」で先発出場。3打数無安打1四球で、3試合ぶりにノーヒットに終わり、チームも1-2で敗れた。この一戦で脚光を浴びたのが、ヤンキースの大砲アーロン・ジャッジ外野手の超送球だ。右翼からのバックホームが驚異の100.5マイル(約162キロ)を計測したシーンをMLBが公式インスタグラムで公開。ファンを驚愕させている。

アーロン・ジャッジ【写真:Getty Images】
アーロン・ジャッジ【写真:Getty Images】

大谷出場試合、ヤンキースのジャッジが右翼から162キロのレーザービームで走者刺す

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)の敵地ヤンキース戦に「5番・DH」で先発出場。3打数無安打1四球で、3試合ぶりにノーヒットに終わり、チームも1-2で敗れた。この一戦で脚光を浴びたのが、ヤンキースの大砲アーロン・ジャッジ外野手の超送球だ。右翼からのバックホームが驚異の100.5マイル(約162キロ)を計測したシーンをMLBが公式インスタグラムで公開。ファンを驚愕させている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 ジャッジがもの凄い送球で、ヤンキースタジアムに集まったファンの度肝を抜いた。1-0の3回2死一、二塁のピンチ。エンゼルスのアップトンが右前へはじき返した。二塁走者のカルフーンは三塁ベースを回って、一気に本塁を狙った。

 ここでジャッジの“強肩発動”だ。前進しながら捕球すると、素早く本塁へ送球。糸を引くような低い軌道のボールが、ノーバウンドで捕手のミットに収まった。間一髪、カルフーンを刺してみせたのだ。

 走者の生還を許していれば同点だっただけに、大きな補殺だ。しかも、MLB公式データ解析システム「スタットキャスト」によると、なんと100.5マイル(約162キロ)を計測していたというのだ。

 凄まじいジャッジのレーザービームを、MLBは「とあるマニア『でもジャッジってホームランか三振しかしないだろう?』」と独特の表現でタイトル付けて動画を公開。ファンからは「完璧な送球」「このようなプレーが野球を世界一美しいスポーツにするんだ」「美しい100マイル」「ショットガン!」「これはレーザーだ」など驚愕するコメントが相次いでいた。

 結局1点差で逃げ切ったヤンキース。昨季52発を放った26歳のスラッガーが、守備でも有り余るポテンシャルの高さを見せつけていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー