[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 井上尚弥は「疑いなくWBSS優勝候補」 米記者が断言「失礼ながら申し上げますが…」

井上尚弥は「疑いなくWBSS優勝候補」 米記者が断言「失礼ながら申し上げますが…」

ボクシングのWBA世界バンタム級タイトルマッチ(大田区総合体育館)は25日、元世界2階級王者で同級2位の井上尚弥(大橋)が、王者のジェイミー・マクドネル(英国)に初回1分52秒でTKO勝ち。国内最速となる16戦目での3階級制覇の偉業を達成した。本場・米国で生中継した大手スポーツネットワーク「ESPN」のボクシング記者は、超高額賞金の一大イベント「WBSS」で「イノウエが疑いなく優勝候補」と太鼓判を押している。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

米大手放送局「ESPN」専門記者が本命視「誰が参戦しようと疑いなく優勝候補」

 ボクシングのWBA世界バンタム級タイトルマッチ(大田区総合体育館)は25日、元世界2階級王者で同級2位の井上尚弥(大橋)が、王者のジェイミー・マクドネル(英国)に初回1分52秒でTKO勝ち。国内最速となる16戦目での3階級制覇の偉業を達成した。本場・米国で生中継した大手スポーツネットワーク「ESPN」のボクシング記者は、超高額賞金の一大イベント「WBSS」で「イノウエが疑いなく優勝候補」と太鼓判を押している。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 英国の正規王者の時代を、わずか112秒で終わらせた。初回。井上はマクドネルから、あっさりと左フックでダウンを奪うと、以降はラッシュを仕掛け、防戦一方になった王者をキャンバスに沈めた。まさに圧巻――。ついに3階級制覇を成し遂げた。

 10年無敗を誇った王者に手も足も出させなかった強さから、最強王者決定戦の大本命の声が早くも米メディアから上がっている。強烈に井上を推したのは、ESPNのダン・ラファエル記者だ。同局サイトで、こう報じている。

「ゾラニ・テテ、エマヌエル・ロドリゲス、ライアン・バーネットに失礼ながら申し上げますが、このフィールドに誰が参戦しようが、ナオヤ・イノウエがワールド・ボクシング・スーパー・シリーズのバンタム級で疑いなく優勝候補になるだろう」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー