[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

伊藤雅雪と戦ったボクシング元世界王者ヘリングが引退か「家族との時間楽しむ時が来た」

ボクシングの元WBO世界スーパーフェザー級王者、ジャメル・ヘリングが、自身のツイッターで現役引退を示唆している。21日に米国で行われたジャメイン・オルティス(ともに米国)とのライト級10回戦で0-3の判定負け。「次のステップに移り、家族との時間を楽しむ時が来た」「異なる形でボクシング界に残る」などと明かしている。

2019年5月、伊藤雅雪に3-0の判定勝ちでタイトルを奪取したジャメル・ヘリング【写真:Getty Images】
2019年5月、伊藤雅雪に3-0の判定勝ちでタイトルを奪取したジャメル・ヘリング【写真:Getty Images】

19年伊藤に判定勝ちでタイトル奪取

 ボクシングの元WBO世界スーパーフェザー級王者、ジャメル・ヘリングが、自身のツイッターで現役引退を示唆している。21日に米国で行われたジャメイン・オルティス(ともに米国)とのライト級10回戦で0-3の判定負け。「次のステップに移り、家族との時間を楽しむ時が来た」「異なる形でボクシング界に残る」などと明かしている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 ヘリングは2019年5月、当時WBOスーパーフェザー級王者だった伊藤雅雪と対戦し、3-0の判定勝ちでタイトルを奪取。2021年4月にカール・フランプトンを相手に6回TKO勝ちで3度目の防衛に成功していたが、同年10月のWBO同級団体内王座統一戦で当時の暫定王者シャクール・スティーブンソンに10回TKO負け。王座を失っていた。

 15戦無敗だったオルティスに敗れた後、ヘリングはツイッターに「全てに感謝している。みんなありがとう。次のステップに移り、家族との時間を楽しむ時が来た」と記し、引退を示唆した。別の投稿では「このスポーツを愛している。でも家族に心配させるのを止める義務もある。みんなありがとう。自分の側でも相手側でも、君たちが私を形作ってきた。でもその時が来たんだ」とつづった。

 プロ通算23勝(11KO)4敗。世界チャンピオンにもなったヘリングのキャリアを称え、労うコメントも集まっている。さらに別の投稿で「みんなに愛と感謝を。ここまで素晴らしい道のりだった。私を見るのは最後じゃないよ。異なる形でボクシング界に残る。でも、みんなありがとう」と感謝を記していた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集