[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ダルビッシュ、打者が避けたのに決まった48cm横滑りツーシームに米仰天「何だこれは」

米大リーグ・パドレスのダルビッシュ有投手は25日(日本時間26日)、本拠地ブルワーズ戦に先発。7回途中3安打2失点も、味方の援護に恵まれず2敗目(4勝)を喫した。それでも6回まで1安打に封じ、7奪三振の力投。打者がのけ反るほどの変化量で決まった98マイル(約157.7キロ)のツーシームには、「何だこれは」「真ん中だぞ」と米ファンの驚きの声が集まった。

ブルワーズ戦に先発したパドレスのダルビッシュ有【写真:ロイター】
ブルワーズ戦に先発したパドレスのダルビッシュ有【写真:ロイター】

ブルワーズ戦で7回途中2失点も黒星

 米大リーグ・パドレスのダルビッシュ有投手は25日(日本時間26日)、本拠地ブルワーズ戦に先発。7回途中3安打2失点も、味方の援護に恵まれず2敗目(4勝)を喫した。それでも6回まで1安打に封じ、7奪三振の力投。打者がのけ反るほどの変化量で決まった98マイル(約157.7キロ)のツーシームには、「何だこれは」「真ん中だぞ」と米ファンの驚きの声が集まった。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 打者が思わず避ける仕草を見せた。3回、先頭打者ナルバエスに対し、ダルビッシュはカウント2-2からツーシームを投じた。左打者の内角から横滑りし、高めいっぱいに決まる98マイル。見逃し三振だ。ナルバエスは上体を反るようにしてボールを見送ったが、際どいボールだったこともあってか打席内で悔しがった。

 実際の映像を「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米投球分析家ロブ・フリードマン氏がツイッターに公開。「ユウ・ダルビッシュ、残酷な98マイルのツーシーム。19インチ(約48.3センチ)の変化」と文面で紹介した。米ファンからは「打者完敗だね」「エッッッッグいな」「真ん中だぞ」「彼の球の中で一番好き」「スゲー」「何だこれは」「えっ」などとコメントが集まった。

 ダルビッシュは1点リードの7回に2点を失い降板。黒星が付いてしまったが、打者を驚かせたボールに注目が集まっていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集