[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

エンゼルス遊撃手の足を脅かした危険スライディング 米解説指摘「間違いなく蹴ってる」

米大リーグで相手の内野手に危険なスライディングをした走者に対し、実況席から「間違いなく蹴っている」「これは危険なプレーです」との指摘が上がった。

エンゼルスのアンドリュー・ベラスケス【写真:AP】
エンゼルスのアンドリュー・ベラスケス【写真:AP】

レンジャーズのハイムのスライディングが実況席でも話題に

 米大リーグで相手の内野手に危険なスライディングをした走者に対し、実況席から「間違いなく蹴っている」「これは危険なプレーです」との指摘が上がった。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 24日(日本時間25日)、エンゼルス―レンジャーズ戦。5回1死一、二塁、0-4とビハインドのレンジャーズはローが二ゴロを放った。さばいたエンゼルスの二塁手レンヒーフォは遊撃手のベラスケスに送り、二塁封殺。問題はこの場面だった。タイミングは明らかにアウトだったが、二塁へ走ったハイムは滑り込んだ左足を伸ばした。一塁への送球体勢を取ったベラスケスは左足を上げて巧みにかわし、接触は回避した。

 しかし、リプレー映像が映し出されると、エンゼルスの地元ロサンゼルスの放送局「バリー・スポーツ・ウェスト」の実況席は憤った。解説のマーク・グビザ氏が「間違いなく蹴ってますよね」「これについて(ベンチで)話し合っていたんですね」「脚を蹴ってますよね」と指摘すれば、実況のパトリック・オニール氏も「これは危険なプレーです」と同調。怪我にはつながらなかったものの、危ないプレーであるとの認識だった。

 試合はエンゼルスが5-3で勝利。「1番・指名打者」で先発した大谷翔平投手は、2打数無安打で1四球、1死球だった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集