[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

NBAプレーオフのフリースローで“1000球に1度”の奇跡 米笑撃「審判さえ困惑してる」

米プロバスケットボール(NBA)のプレーオフで起きた珍事が話題だ。24日(日本時間25日)に行われたプレーオフの地区決勝シリーズのマーベリックス戦で、ウォリアーズの選手のフリースローがリングの付け根に乗っかり落ちてこず。米メディアが注目すると、現地ファンからは「磁石入ってるな」「審判さえ困惑してる」と笑撃の声が上がっている。

マーベリックスとウォリアーズの試合で珍事発生【写真:ロイター】
マーベリックスとウォリアーズの試合で珍事発生【写真:ロイター】

ウォリアーズ選手のフリースローが落ちてこない珍事発生

 米プロバスケットボール(NBA)のプレーオフで起きた珍事が話題だ。24日(日本時間25日)に行われたプレーオフの地区決勝シリーズのマーベリックス戦で、ウォリアーズの選手のフリースローがリングの付け根に乗っかり落ちてこず。米メディアが注目すると、現地ファンからは「磁石入ってるな」「審判さえ困惑してる」と笑撃の声が上がっている。

【特集】偉業を後押しした心の支え 金メダリストが感謝する応援のチカラ / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 珍しい事態だ。56-81で追いかける第3クオーター(Q)の残り6分46分。フリースローを得たウォリアーズのドレイモンド・グリーンの1投目。放たれたボールはリングの手前に当たると付け根付近で弾み、垂直方向にバウンド。バックボードとの接続部分で3、4度跳ねると、なんと落ちることなく、その場に留まった。まさかの光景に会場からは大歓声。両軍選手からも思わず笑顔が漏れた。

 米中継内でも、実況席が「1000球以上打ってもこんなことは起きないですよ。オーマイガー」と驚きを伝えた。米スポーツメディア「ブリーチャー・リポート」の公式インスタグラムが実際の動画を公開すると、現地ファンからは「ドライモンドは違うね」「リムかボールに磁石入ってるな」「審判さえ困惑してる」「今まで見たことないよ」「何だこりゃ?」「クレイジーだ(笑)」と反響が寄せられていた。

 結局このスローは失敗と記録された。最大29点の大量リードを許したウォリアーズは、第4Qに1桁得点差まで追い上げるも一歩及ばず。109-119で第4戦を落とし、シリーズは3勝1敗に。次戦でのファイナル進出決定を目指す。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集